« 急落が気になったら読む7つのエントリー 2018 | トップページ | 資産形成の規模感 »

2018年10月13日 (土)

人生を自由に生きたい人はこれだけ知っていればいい お金で損しないシンプルな真実

だいぶ遅ればせですが、山崎元さんの「人生を自由に生きたい人はこれだけ知っていればいい お金で損しないシンプルな真実」を読んでみました。

この本をひと言で言うと・・・

 私のムスコたちにも読ませたい。

そんな一冊です。Kindleで買ったけど、閲覧するには、書籍の方が良かったかなあ。

この本のあとがきに

「自分の子どもも含めて、 今の子どもや若者たちに、お金について本質的な内容を伝えておきたい」

とあります。まさに、その意図通りの本でした。

普通の人が投資の前に読むべき良書というのは、ほとんど見当たらず、貴重な一冊でもあります。

ポイントとなる「エッセンス」をうまくちりばめた様式美あふれるさりげない編集上の工夫と相まって、そんなニッチな領域にぐさっとささる好企画です。また、コドモだけではなく、オトナである私が読んでも「ふむふむ」と思う(永遠の初心者モードオン)読後感も持てました。

にじみ出る山崎ロジック

特筆すべきは、文体です。

山崎さんと言えば、勝手に、「頑固一徹ロジカル文章」というイメージを持っていたのですが、この本は、非常に平易な感じで語りかけてきて、ものすごく、すっと、入ってきます。

と言いつつも、中身が浅いと言うことは一切なく、みなさまよくご存じの山崎ロジックが、随所に思わずにじみ出してしまったりするのは言うまでもありません。そんな山崎さんの真骨頂も楽しめる良書でした。

オススメします。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 急落が気になったら読む7つのエントリー 2018 | トップページ | 資産形成の規模感 »

コメント

投資始めていろんな本を読みましたが、山崎元さんの本は面白いですね。「投資バカに・・・。」とか本質を突いてます。最初の頃は論理的な本を読んだりしましたが、結果としてうまくいかないことが多く、今にして思えば個別でいえばどんな優良企業でも相場が悪けりゃ、連安なので短期ではうまくいきません。2年くらい持って損切りとか何回も経験しました。経験則として相場が悪い時に、優良企業を長期で持てば勝てる可能性が高いことが分かりました。

 水瀬さんや仙人さんの著書を読んでリスク許容度を持つ事、低コストのインデックスを保有する事(保有はしてましたが、個別を控えてインデックス購入が加速しました)が新たに覚えましたね。

投稿: くまさん | 2018年10月14日 (日) 16時29分

>くまさん様
コメントありがとうございます。
本質という意味では、海外にも名著がたくさんありますね。

投稿: NightWalker | 2018年10月14日 (日) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 急落が気になったら読む7つのエントリー 2018 | トップページ | 資産形成の規模感 »

 
 
Copyright © 2005 - 2018 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.