« 標準偏差って、何? | トップページ | 言葉について »

2018年9月18日 (火)

アーリーリタイアへの道 マインドセット編

アーリーリタイアするには、もちろん、経済面での裏付けが必要ですが、やはり、大きいのが精神面です。

はじめに

アーリーリタイアというのは、私が思うに、実にアウトロー。

まだ、働いて稼げるのに、それを放棄してしまうわけです。金銭面だけ考えるに合理性に欠けます。特に、40代半ばころになってくると、自分の労働価値や、仕事による自己実現の道筋(折り合いの付け方)なんかも見えてきますし、オトナとしての合理的判断力が身につきます。

となると、やはり、何かが必要です。私の場合は、

  風来坊的性格 > 経済的合理性(別名:分別)

でした。

私は、全くもってそんな人間だったわけですが、そういう個性というのは、オトナになってからできたわけではなく、やはり、若い頃に身についています。で、先日、ふと気が付いたのは、若い頃に聴いた歌の中の言葉が影響を与えているなあ、ということ。てなわけで、今回は雑談。ちょっと書いてみます。

その1 つまらない大人にはなりたくない

佐野元春さんの「ガラスのジェネレーション」に出てくる言葉。

これは、当時、けっこう、衝撃を受けたんですよね。そもそも、つまらないオトナって何なのか、どんなオトナが、そうじゃないのか。で、その後ずっと考え続けて至ったのが、「オトナになった時、若い人から、こんなオトナならなってもいいかなと思われること」。しかし、気付いたときには、もうオトナになっちゃっていて、「時すでに遅し」でした(^^;)。

その2 鎖につながれておまえは生きるのかい

矢沢永吉さんの「鎖を引きちぎれ」に出てくる作詞、山川啓介さんの言葉。

この後、「あきらめた顔のまま、老いぼれてしまうのかい、汗も流さないで」と続きます

この、「汗も流さないで」というところに、ちょっと、ぐっときて、その後、サラリーマンとして、かなり主体的に「汗を流す」ことになったのでした。「主体性を持って取り組めば、サラリーマンでも自由になれる」と私が思うようになった源流のひとつでもあります。

その3 風に吹かれてみませんか

Charさんの、その名もFree Spiritというライブアルバムに入っている「風に吹かれてみませんか」という曲のタイトル兼歌詞です。

「何をあわてているのか」「わき目ふらずまっしぐら」でもいいけど、満員電車くらい「降りる人が降りてから乗ったらどうでしょう」とか、「課長部長になりたきゃなればいいけど」「たまにゃ 風に吹かれてみませんか」という感じ。

これを聴いたときは、高校生だったと思いますが、それでも、わかるオトナの情景。

かくして、私の心の価値観は醸成されていってしまったのでした。

以上、今回は、雑談エントリーでした。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 標準偏差って、何? | トップページ | 言葉について »

コメント

はじめまして。
間も無くイデコ始めるもので、webサーフ(死語?)して調べものをしていてたどり着きました次第。

元春の唄 は、「ステキなオトナになろうぜ」という裏返しのメッセージだと、拙者は思っておりました。

投稿: 傘張り浪人 | 2018年10月28日 (日) 20時38分

>傘張り浪人様
はじめまして。
>「ステキなオトナになろうぜ」
そうですよね。でもって、問題は、何がステキかってことなんです(笑)。

投稿: NightWalker | 2018年10月29日 (月) 00時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 標準偏差って、何? | トップページ | 言葉について »

 
 
Copyright © 2005 - 2019 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.