« 私がアーリーリタイアした最大の理由について考える | トップページ | 金融庁「つみたてNISA MeetUp」 Rookiesにゲスト参加してきました。「オススメ投信1本は?」 »

2018年9月13日 (木)

「失敗は成功の元」とは限らない。

クールな分析がいつも光るちゅり男さんから、拙著にご書評をいただきました。ありがとうございます。

過去の経験は大切

ちゅり男さんのご書評のタイトルにありますように、拙著を書くに当たって気をつけたことは、経験談です。拙著のインデックス投資の説明部分は、及ばずながら、普通人の投資のアーリーマジョリティ層に向けて書いたつもりです。イノベーター理論で出てくる各階層の反応というのは、

  • イノベータ 自分で発見する。みんなが始めたらむしろつまらなくなって止めるタイプ。
  • アーリーアダプタ 面白そう、合理的などの理由で実績があんまりなくても行動するタイプ。
  • アーリーマジョリティ 実績を見て判断する。逆に実績がないと踏みきれないタイプ。
  • レイトマジョリティ となりの人がやってないと始めないタイプ。
  • レガート みんながやってても、やらない人。ある意味一徹。筋が通ってるタイプ。

と私は捉えていて、拙著では、徹頭徹尾、経験をベースに書いてます。

「失敗は成功の元」とは限らない。

さて、その経験談です。「失敗は成功の元」とよく言います。

でも、私は、そうとは限らないとも思うのです。「失敗が失敗の元」と言いますか、たとえば、

  • そもそも、失敗から学ばない。
  • うっかり、失敗から学び間違える。
  • 失敗と思っていたことが実は成功だった。

 などです。最後は、これこそ「失敗は成功の元」と言えるのかもしれませんが、勘違いして別のことをしてしまい、別の失敗の拡大再生産をしてしまうわけです。

過去の経験から学ぶと同時に、やはり、常に自分の頭で考え続ける必要はあるのですね。というわけで、拙著もみなさまの思考のための材料としてお役立ていただければ幸甚です。

拙著では、「まったく勉強しないもありえない」と書きましたが、何もしないはずの長期投資にも、智恵のブラッシュアップは必要なのです。

拙著へのご書評ありがとうございます!

たくさんのご書評をいただいております。本シリーズは、御礼方々、いただいたご書評からお題を頂戴して書き綴るシリーズです。ご書評は、こちらのエントリーにまとめておりますので、ぜひ、見てくださいね。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 私がアーリーリタイアした最大の理由について考える | トップページ | 金融庁「つみたてNISA MeetUp」 Rookiesにゲスト参加してきました。「オススメ投信1本は?」 »

コメント

確かに俺は今たぶんセミリタイアして幸せをつかんでるから成功していることは間違いないが、会社首になった時は絶望していたからなあ
なにが成功で何が失敗かの判断が非常に難しい

投稿: deefe | 2018年9月13日 (木) 11時03分

>deefe様
コメントありがとうございます。
今が大切ですよね。

投稿: NightWalker | 2018年9月14日 (金) 00時55分

よく失敗したりミスったりすると「以後気を付けます」とか言いますが大概同じような事繰り返しますね。ミスらないように個々人で工夫をする訳です。投資でミスった際は損をした取引の報告書を部屋に貼りだしておけば、「あぁ、こんなミスをしたんだ」とすぐに思い出せてよいと思います。※徳川家康は武田信玄に大敗した際の自画像を描かせたり、島津義久は中国の大悪人の肖像画を見て戒めにしたそうです。

投稿: くまさん | 2018年9月14日 (金) 23時13分

>くまさん様
コメントありがとうございます。
世の中、過ちを繰り返す人は多く、ゆえに「失敗は成功の元」という言葉があるのかもしれません。

投稿: NightWalker | 2018年9月14日 (金) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私がアーリーリタイアした最大の理由について考える | トップページ | 金融庁「つみたてNISA MeetUp」 Rookiesにゲスト参加してきました。「オススメ投信1本は?」 »

 
 
Copyright © 2005 - 2018 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.