« インデックス投資の好きなところを一つあげるとすると? | トップページ | 「儲ける」と「育てる」 »

2018年6月22日 (金)

自己責任の第一歩は自分の頭で考えること

投資をする上で、私が大切だと思っていることに、「自分で考える」というのがあります。インデックス投資はカンタンですが、『「まったく勉強しない」もありえない』のです。

ファンド選びは自己責任の始まり

たとえば、拙著、具体的な推奨商品名を書いていません。いくつかのご書評でご指摘をいただいたように、(私の人生最初で最後の一冊になるかもしれない本が)「すぐに陳腐化しないようにする」、あるいは、「特定の運用会社に汲みしない」、という配慮もあります。(ページが足りないというのもありましたが)

ですが、私の主たる意図は、実は、このくらいは「自分で考えてみましょう」なのでした。

つみたてNISA制度の恩恵で、インデックスファンドを選ぶのは、かつてに比べて、とてつもなく簡単になっています。

  • つみたてNISA対象のインデックスファンドだけから選べば良い。
  • 信託報酬率は、本では、つみたてNISAの基準より厳しめに年0.2〜0.3%より小さいファンドと限定している。
  • 選ぶべき指数も本の中では限定。(バランスファンドは、あえて除外している)

昨今のロールプレインゲームをクリアするのに比べれば、はるかに簡単なちょっとした「ファンド・クエスト」です。

個人的に、ここは、自己責任の最低水準だったんですよね。

今や、いろいろな答えが、ネット中にあふれています。「ファンド・クエスト」は、「ネット・クエスト」でもあります。私のブログで言えば、このエントリーなんかが、そうです。 

あっ、答えを書いちゃった(笑)。

自分の例で考えて見よう

また、お金の使い方もしかりです。つい、となりの人が何をするか気になるものですが、自分で考えるしかないのです。安易に他人に聞いても教えてくれませんし、聞く場合は、それなりのシチュエーションというモノが必要です。

どうしても、わからない場合は、有償でFPさんに相談してみましょう。(念のために言っておきますと、私は、FP業は営んでおりません。)

拙著では、

  • となりの人はもう始めているかもしれない。でも、わざわざ他人に投資している、ましてや投資の仕方なんて誰も教えてくれない。
  • (出口戦略、ひいては資産運用全体は)巷にあふれるいろいろなモデルケースで考えたところで意味はない。自分の例で考えるしかない。

というようなことを、本の端々で触れています。自己責任の第一歩は自分の頭で考えることなのです。

どう言う文脈で登場するかは、ぜひ拙著をご参照下さいませ。普通は、他人に話さない、お金のこと、ちょっとした身の上話などをいろいろ書いております。

 

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« インデックス投資の好きなところを一つあげるとすると? | トップページ | 「儲ける」と「育てる」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インデックス投資の好きなところを一つあげるとすると? | トップページ | 「儲ける」と「育てる」 »

 
 
Copyright © 2005 - 2018 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.