« アーリーリタイアと黄金の羽の3つの特徴 | トップページ | 資産形成の目的のレトリック »

2018年5月28日 (月)

公的年金を少しでも増やす

日経、田村さんです。「公的制度をフル活用して長寿化に備える動きが始まっている」とのこと。田村さん、良い記事書くなー。ホント、良記事です。

長生きリスクの対策は、まず年金

終身でもらえインフレにもある程度対応する公的年金は人生100年時代の最大の支え。公的制度をフル活用して長寿化に備える動きが始まっている。予想25万人に対し、実際は1.5倍の37万人――。社会保障審議会(厚生労働相の諮問機関)の年金部会などで開示されたこの数字に委員が驚いた。厚生年金に関する2016年秋の制度改正を受け、厚生年金に加入することを選んだパート主婦など短時間労働者の昨年末時点の人数だ。

一時は、「年金はダメ」と言ってみるのが訳知り顔の知識人のトレンドでしたが、実利を重んずる庶民の潮流は変わっているもようです。

厚生年金の良さは、とにかく「終身であること」です。

年金の将来を庶民が疑ってもしょうがない

長期の株式保有の根拠に「人間の成長意欲による株式価値の自己増殖」が上げられますが、それと同じく、社会の制度も改善され続けるのではないでしょうか。人間って、ダメなら改善するのが大好きなのです。

というわけで、きっちり年金は払い、そこそこにDCなどで蓄財する、という、つつましい態度が庶民には向いていると私は考えます。それに、国家が滅亡するようなブラックスワン的な事態になれば、年金以前に命が危ないわけですから、心配するにしても方向が違うはずです。

我が家の場合

我が家では、私、「厚生年金の大事さ」を日々訴え続けておりました。

パートで働く我が家の妻も、私がアーリーリタイアしちゃったこともあって、心置きなく厚生年金を納めています。(本人は、やりがいを持って働いていますので誤解ありませんよう。)

 「立ってるモノは親でも使え、役立つ制度は余さず使え」

なのであります。そんな私が、アーリーリタイアできた根拠の一つが、年金制度をきっちり使い切ることなのでもありました。

↓なんてアーリーリタイア・ネタも書いてます↓どうぞよろしくお願いいたします。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« アーリーリタイアと黄金の羽の3つの特徴 | トップページ | 資産形成の目的のレトリック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アーリーリタイアと黄金の羽の3つの特徴 | トップページ | 資産形成の目的のレトリック »

 
 
Copyright © 2005 - 2018 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.