« 分配金がある資産とない資産 | トップページ | 日興AMさんのETF投資懇談会 2018 その1マーケットメイク制度 »

2018年4月11日 (水)

選べる自由があるということ

相互リンク先のはちどうきゅうどうさんです。

 

金融庁さんのコンテンツ

はちどうきゅうどうさんの記事では、金融庁さんのスペシャルコンテンツをご紹介されています。

かなり画期的な試みです。特に、はちどうさんもご紹介している動機編は、面白い。

私は日本の成長力の低下は、バブルの崩壊、人口動態の変化もあるとは思うのですが(これは、悪いことばかりではなかったと私は思っています)、大きな理由として、日本人の成長意欲が損なわれていることにあると考えています。

その背景のひとつが教育です。学校では「競争はいけないことである」という空気感が漂っています。ところが、社会に出てみれば、世の中、競争です。このことに、さくっと気が付いてドライに行ければ良いのですが、そう言う人ばかりではありません。このことが、日本人の経営力のベースラインを下げているような気がしてなりません。

選べる自由があるということ

はちどうきゅうどうさんのご指摘です。

投資をするしないに関わらず、自分の人生の多くを自分自身で選択できるのです。良い国ですよ、日本は。

日本は、選べる自由があるんですよね。アーリーリタイアした今、より、強くそう思うのです。

「選べる自由」については、二つのパターンがあります。

(1)「選べる自由」に気が付いていない

(2)「選べる自由」に気が付いているけど、選べない(選ばない)。

(1)のパターンには、天然系もありますが、誤解に起因するケースもあります。批判が是であるメディアの悪影響も含め、広い意味での教育の問題なのかなあ。年金制度なんかもそうです。すでに選ぶ時代になってきているんですけど、与えられるもの、あるいは奪われるものとしか受け止めていない人も多いです。

(2)は、私の世代に多いんですけど、会社から期待されなくなったとき、踏み出す勇気とその根拠を持っていない人などもそうなのかな。

今の日本は、過去最強に「選べる自由」がある時代です。長い歴史の中で自由を得るための基盤も進化しています。道は一つではありません。必ずしも、投資だけがその選択肢ではありませんが、ひとつの軸となる力は持っています。投資することによって身につくであろう経営感覚は必ず役に立ちます。(私の場合、アーリーリタイア。)

早く気が付いて、それを発見する旅に出た方がお得だと思うのです。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 分配金がある資産とない資産 | トップページ | 日興AMさんのETF投資懇談会 2018 その1マーケットメイク制度 »

コメント

私も(特にアーリーリタイアしてから)『今の日本は、過去最強に「選べる自由」がある時代です。』に強く共感します。
住む場所や仕事、ライフスタイルを選ぶ自由度は、一昔前の世代に比べて格段に上がっています。
なので、本当に「自由に選ばないと勿体無い!」と思う位なのですが、多くの人がそうしない(出来ない)のは、きっと住宅ローンや老後資金の不安、親族とのしがらみ等があるのでしょう。

おっしゃるように、若い頃からの投資(+倹約)である程度の資産を築ければ、その資産が金銭的な保険や心の支えとなって、より人生の選択肢が増えるでしょうね。
そういう社会になるように長い目で期待したいと思います。

投稿: tanner | 2018年4月11日 (水) 11時30分

>tanner 様
コメントありがとうございます。
>「自由に選ばないと勿体無い!」と思う位なのですが、多くの人がそうしない(出来ない)
税金にしても社会保険料にしても、活動(所得や消費)に対してかかってきます。アクティブに働く人がいるから社会が成立していますし、社会の習慣や一般的な価値観も、そうできています。なので、この轍からは、そう簡単には抜け出せません(笑)。
このエントリーの後半部分に含まれる真意は、この轍を抜けた人(たとえばセミリタイアした人)、そこに価値観を求める人でないとちょっと理解しづらかったかもしれませんね。

投稿: NightWalker | 2018年4月11日 (水) 12時26分

選ぶということは、当然、失うものがあり、失敗したらその結果は自分で受けとなめなければなりません。
いいことばかりじゃないですね。
結果がどうなるかわからない決断を下すより、多少不自由でも、決断をしないで現状維持に努めたほうが葛藤がなくていいのかもしれません。
選ぶという行為は、自然と身につくものじゃなくて、日常生活の中で訓練というか練習して身につけていくものじゃないかと思います。
私は、そういうことをやってこなかったので、未だに選ぶということが出来ません。
踏み出す勇気がほしいです。

投稿: 見知らぬ男 | 2018年4月14日 (土) 21時05分

>見知らぬ男 様
コメントありがとうございます。
選ばないことでも、失うこともあります。現状維持は意外と難しかったりします。決断は天性の資質もありますが、たしかに訓練はしといた方が良いかもしれませんね。仕事でもそう言う局面はたくさんありますし。

投稿: NightWalker | 2018年4月14日 (土) 23時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 分配金がある資産とない資産 | トップページ | 日興AMさんのETF投資懇談会 2018 その1マーケットメイク制度 »

 
 
Copyright © 2005 - 2018 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.