« つみたて投資は逆サブスクリプション | トップページ | つみたてNISAでインデックスファンドを選ぶときの3箇条 »

2018年4月19日 (木)

アーリーリタイアに必要なお金に関する3年目の実感

そういえば、アーリーリタイアを決断してから、早いもので3年になります。(決断の半年後の2015年10月にリタイアしました。)

アーリーリタイアに必要なお金ですが、実際にアーリーリタイアしてみて感じたことが二つあります。

その1 収入ゼロだと思ったら、そうでもなかった。

たとえば、私のこの3年を見てみると、大きな収入と言えば、

  • 雇用保険
  • ちょっと働いた(再修行)

総じて見れば、アーリーリタイアと言うより、セミリタイア状態だったわけです。

あと、忘れてはならないのが、

  • 妻は働いていた。
二馬力体制は、やはり、底力があります。

その2 思ったほど支出がなかった

予備費として考えていた費用ですけど、これは、予備のまんまです。

これは、私が手堅すぎたのかもしれませんが、働くのを止めたことに連動して減った支出の影響は、それなりに大きかったということでもあります。

よく、4%ルールで取り崩して、今の生活費が400万円だから1億円必要、という計算があります。アラフォーくらいの時は、働き盛りかつ行動も活発ですから、インプット条件が高めで、こういう計算になりがちなんですけど、働くの止めると、働き盛りのころの支出より、がくんと減るんですよね。

「なんでアーリーリタイアするのか?」ということとのトレードオフは重要です。時間はどんどん経っていきます。10年なんてあっという間です。

アーリーリタイアをオススメしていない私ですが、アーリーリタイアのハードルは世間が(=かつての私が)思っているよりは低い、というのがなんとなくの実感なのです。この辺についての考察は、もう少し、考えてみたいと思っています。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« つみたて投資は逆サブスクリプション | トップページ | つみたてNISAでインデックスファンドを選ぶときの3箇条 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« つみたて投資は逆サブスクリプション | トップページ | つみたてNISAでインデックスファンドを選ぶときの3箇条 »

 
 
Copyright © 2005 - 2019 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.