« アーリーリタイアと郊外生活 | トップページ | 人生の長さについて »

2018年1月10日 (水)

0.1%の向こう岸

つみたてNISAがトリガーを引いた低信託報酬競争。とうとう、0.1%クラスの先進国株式インデックスファンドが出るに至りました。

0.1%の信託報酬差はどの程度?

0.1%の信託報酬差はどの程度の差を生むか、グラフにしてみました。

20180110

横軸は年数です。

期待リターンがゼロだったら、コストの影響で、どの程度資産は目減りしていくか?といういつもの図です。

以下は完全に私の主観ですが、

  • 0.1%の差は、たいしたことないが、
  • 0.3〜0.4%の差(ちょっと前のインデックスファンドの信託報酬率水準との差)は、大きい。

と言ったところ。もはや、いわゆるその他コストや、信託報酬を除いた運用の影響の方が大きくなるのではないか、と言うような低水準です。

それにしても、eMAXIS Slim先進国株式には、びっくりしました。まさにインデックスファンド業界のターミネーター(古い)。最低水準を執拗に追いかけてきます。日本株の信託報酬水準との整合性なんて、お構いなしですからね。

私としては、ETF勢にもう少しがんばって欲しいと思う今日この頃です。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« アーリーリタイアと郊外生活 | トップページ | 人生の長さについて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/66260793

この記事へのトラックバック一覧です: 0.1%の向こう岸:

« アーリーリタイアと郊外生活 | トップページ | 人生の長さについて »

 
 
Copyright © 2005 - 2018 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.