« アラフィフから投資を始める | トップページ | 楽天・全世界株式インデックス・ファンド 軌道に乗ったかなの巻 »

2018年1月19日 (金)

オーバー60からの投資

前回エントリーでは、投資未経験者のアラフィフ投資デビューは、おおまけにまけて、つみたてNISA(イメージ)ならなんとか、と言う話を書きました。では、オーバー60世代ではどうでしょうか。

結論その1 オーバー60からの投資

私の考えは、

  • オーバー60世代からの投資デビューはやめといた方が良い。
  • 個人向け国債だけでいい。

です。

正直、これまで投資を勉強してこなかったのは、縁がなかった、のです。

これをお読みの方の中には、おとうさん、おかあさんが、対象世代という方も多いかもしれません。その場合、突然、あやしいことを言い出さないか、時々会話しておくのが、親孝行の一つではないかという気がします。私も、10年ぐらい前に、母が、グロソブ買っててびっくりして、当時、良いバランスファンドもなく小さなポートフォリオを作ってはみたのですが、まったく母には理解できず、結局、整理した、ということがありました。

個人向け国債は、高い信用と流動性がある、今後の利上げに対する耐性がある、などに加えて、分別管理で守られるので、預金保護の上限金額を考えなくていい、という利点もあります。銀行にあまりたくさんのお金を預けておかないことで、余計な勧誘も避けられます。

投資以外の何かに時間を使った方が、はるかに有意義ではないでしょうか。私もすでにそうですが、シニアになるとどうしても記憶力、作業の生産性が落ちます。老いるとは、新しい何かを始めることではなく、やらない何かを決め、残った何かに集中することなのですし。

(もちろん、人生の使い途は、人それぞれ、自由です。)

結論その2 退職金の使い途

ぱーっと使うのもいいですが、

  • 年金受給開始までの生活費に充てる。

と言う考え方はどうでしょうか。私も、早期退職制度を利用するに当たって、そういう考え方でアーリーリタイアを決断しました。

もし、それで余裕ができれば、退職金を年金繰り下げ受給の原資にすることもできます。月0.7%ずつ受給額が増えるというのは、下手な投資より、はるかに確実で効率の良い「長生きリスク」対策になります。

個人的には、いまどき、退職金で、豪華客船で世界一周旅行に行く(発想自体が古い)とか、リゾートマンションを買って移住するというのはないよなー、とは思います。

(もちろん、お金の使い途は、人それぞれ、自由です)

おまけ 繰り下げ受給の注意点

繰り下げ受給には、ちょっとした注意点があります。

  • 年金受給を繰り下げると、その間、加給年金はもらえない。
  • 遺族年金は、繰り下げても増えない。

年の差婚の場合が悩みどころ。我が家も妻の方が5歳下で、永らく専業主婦の期間がありましたから、妻自身の厚生年金の額は小さく、私の遺族年金が支えとなります。(私の死後の妻の年金 = 遺族厚生年金 + 妻の老齢基礎年金 のはず)

となると、

  • 私は繰り下げず加給年金はまるまるもらう。
  • 妻の老齢基礎年金は繰り下げる。(私の死後の年金を確保)

の方が、良いかもしれません。検討中です。年金制度は良くできすぎていて複雑です。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« アラフィフから投資を始める | トップページ | 楽天・全世界株式インデックス・ファンド 軌道に乗ったかなの巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アラフィフから投資を始める | トップページ | 楽天・全世界株式インデックス・ファンド 軌道に乗ったかなの巻 »

 
 
Copyright © 2005 - 2018 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.