« 「貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント」を久しぶりに読み返してみる | トップページ | ムスコのつみたてNISAの商品選び 2017/12 »

2017年12月 6日 (水)

55歳で資産5800万円 早期リタイアしても大丈夫?

日経マネー研究所さんです。なかなか興味深い質問です。

日経さんの記事では、、、

日経さんの記事は、相談ご夫婦の友人FPが、未来のキャッシュフローをシミュレートしてみようという趣向です。えいっと記事をまとめると、

  • ある条件で試算してみると、55歳では難しいかもしれないけど、57歳なら可能性はある。
  • ずっと働けば当然手に入るお金は増える。
  • でも、健康寿命を考えたりすると、アーリーリタイアって道もあるのでは?

アーリーリタイアでは「自己責任」もだけど「勢い」も大切

ところで、FPでも何でもない私が、こんな質問を友人に受けたら、どう答えるかな? 面白いので考えてみます。

私としての論点は、次の二つです。

  • やめといたほうがいいのでは?他人に聞いてる時点で、とっても心配。
  • 5,800万円で生き延びる方法を考えるべし。リスクヘッジも含めて、いくらでもあると思いますが、自分で思いつかないんなら無理。

アーリーリタイアっていうのは、経済的自立をすることです。早めに年金生活者の如く生きる選択と言うよりは、脱サラして起業するケースに近いような気がするんです。

大げさに言えば、人生をかけるわけで、投資以上に自己責任なんですよ。

するかしないかをFPに相談している時点で、ダメというか。相談するにしても、自分でプランを立てて、計算や想定に間違いがないか聞いてみる、という感覚なんですよね。

かと言って難しく考えすぎると、飛び出せません。アーリーリタイアで最も大切なものの一つに「勢い」って言うのがあります。この点は、ちょっぴり結婚に似ているかも。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« 「貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント」を久しぶりに読み返してみる | トップページ | ムスコのつみたてNISAの商品選び 2017/12 »

コメント

アーリーリタイアは、脱サラして起業するケースに近い。
なるほど、、、。
アーリーリタイアするのではなく、アーリーリタイアという事業を新たに始めると考えれば、そうかもしれません。

アーリーリタイアという事業を継続するための資金計画を考えてみるというように見方を変えてみると、しっくりきます。

投稿: 見知らぬ男 | 2017年12月 9日 (土) 23時58分

見知らぬ男様
 コメントありがとうございます。
>事業を継続するための資金計画を考えてみる
 まさにそれです。

投稿: NightWalker | 2017年12月10日 (日) 00時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント」を久しぶりに読み返してみる | トップページ | ムスコのつみたてNISAの商品選び 2017/12 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.