« アーリーリタイアと資産のダウンシフト | トップページ | 私が、暴落をやり過ごすことができた3つの要因 »

2017年11月 6日 (月)

ポートフォリオは全金融資産で見てみようの巻

ときどき書いているのですが、「ポートフォリオは全金融資産で見てみよう」というタイトル通りのお話しです。

前提

本エントリーでいう、全金融資産は、

  • 生活防衛資金も含めた文字通りの全金融資産
  • 自己資本(自分自身をマネー生産装置と考えた時の価値)や自宅は除く

とします。

エヌ氏とエム氏のお話

1000万円の金融資産をお持ちのエヌ氏とエム氏がいます。

(1)エヌ氏

  • 600万円 生活防衛資金含む貯金(キャッシュ) 
  • 400万円、全部株式(リスク(σ)=20% 期待リターン=6%)

(2)エム氏

  • 200万円 生活防衛資金含む貯金(キャッシュ) 
  • 800万円 全部バランスファンド(リスク(σ)=10% 期待リターン=3%)

どちらが、リスキー?

さて、どちらが、リスクを取っているでしょうか?

リスク資産の配分に着眼すれば、全部株式のエヌ氏の方がリスキー? いやいや、全部バランスファンドとは言え、全金融資産の80%も突っ込んでいるエム氏の方が、リスキーにも見えますね。

・・・計算して見ましょう。加重平均を取ると、(キャッシュはリスク(σ)=0% 期待リターン=0%とします)

(1)エヌ氏 リスク 8%   期待リターン2.4%

(2)エム氏 リスク 8% 期待リターン2.4%

あれ、リスクも期待リターンも同じじゃないですか。(というか、鉛筆を舐めて、上記の例では、計算上、同じになるような配分にしました(^^;)。)

非常に、都合の良い計算例を挙げましたが、どっちが正解かという話をしたかったわけではなく、一度は、全金融資産を棚卸しして、全体としてのリスクを見てみましょう、という話でした。私は、このことの重要性をリーマンショックを通じて、体感しました。

でも、どうしても選べといわれたら、私は、エヌ氏かな。株式、好きなんですよね。つまり、ポートフォリオは、趣味も影響すると言うことでもあります。

↓関係ないけどエヌ氏

最後にひと言。

 何はなくともキャッシュ比率

それでは、みなさん、良い航海を。 

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« アーリーリタイアと資産のダウンシフト | トップページ | 私が、暴落をやり過ごすことができた3つの要因 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アーリーリタイアと資産のダウンシフト | トップページ | 私が、暴落をやり過ごすことができた3つの要因 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.