« アーリーリタイアと季節感 | トップページ | つみたてNISA向けに同じ会社から同じ指数に対して複数のファンドが出ているケース »

2017年11月24日 (金)

私は、日本株と外国株の比率をどうやって決めたか?

インデックス投資を始めると、?マークが付くことのひとつが、日本株と外国株の比率です。いろんな人がいますよね。

大きく二つのパターンがある

少々、乱暴な分類ではありますが、世界分散を標榜するインデックス投資家は、次の二つのパターンに分かれるような気がします。

(1)時価総額比で考え、日本株を10%くらいにするパターン

(2)日本株と先進国株をだいたい半分くらいにするパターン

あとは、GDP比というひともいるのかな。ちなみに私の場合は、日本株:先進国株式の目標比率が、15%:22%(新興国株を除いてます)=40%:60%。(2)です。

リスクリターンの図を書いてみる

てなわけで、原点回帰して、10年ぶりくらいに現代ポートフォリオ理論よろしく、日本株と先進国株の組合せでリスクリターンの曲線を描いてみました。計算条件は、以下の通り。最近のGPIFのデータです。

  • 期待リターン 日本株3.1% 先進国株4.5% ( 経済中位のケースの実質的なリターン)
  • 標準偏差 日本株 25.17%  先進国26.21%
  • 日本株と先進国株の相関係数0.69

20171124

10%ずつ、日本株と先進国株の比率をずらしていった場合をプロットしています。

市場ポートフォリオ派と最小分散派

このモデルでは、二つの特異点が出てきます。

(1)もっともリスクに対するリターンが大きくなる組合せ(市場ポートフォリオ)

(2)もっともリスクが小さくなる組合せ(最小分散)

(1)市場ポートフォリオは、時価総額比=市場そのものの縮小コピー。計算上は、もっとも効率の良いとされる組合せです。(詳しくは、ググってみてください。たとえばこちら)こっちのポートフォリオ方がいまどきの主流のような気がします。橘さんの本で、紹介されたのが大きかったのかな。VTを買えば、新興国含めて、一本で、実現できちゃいますしね。

(2)最小分散の方は、今回、私が描いたグラフでは、日本株と先進国株が半分くらいの組合せになってます。

てなわけで、冒頭の二つのパターンは、(1)市場ポートフォリオ派と(2)最小分散派 の二つがあるという整理になります。

しつこいようですが、あくまで、計算上のお話しです。

私の場合

ここから先は、私の個人的な話です。私が、なぜ、(2)の方向を選んで、日本株:先進国株式の目標比率を=40%:60%ぐらいにしたか?

それは、ひとことでいうと、

 小心者なのでリスク小さくしよう。。。

です。

あれこれ考えた末、私は、(2)の方向となったのでした。

条件そのものがうつろうので、ぴたっと計算できるはずもなく、少しは、外国株を強くしとくか、というような気持ちで、40%:60%にしてみました。まあ、山崎元先生も同じような比率を推奨してましたし、いいかな、と。決めた頃は知らなかったのですが、最小分散で投資すると、かえってリターンがいいというような研究もあるようですし。

でも、今となっては、「まざってればいいか〜」ぐらいのかなりアバウトな感覚に至ってます。

ただ、あえて変える必要もないし、

 変えないことが長期投資家

という、取ってつけたような信念でもって、変えてはいないのでした。

以上、ポートフォリオには、これが正解という解はありませんが、私の場合をちょっと書いてみました。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« アーリーリタイアと季節感 | トップページ | つみたてNISA向けに同じ会社から同じ指数に対して複数のファンドが出ているケース »

コメント

参考になりました。
グラフのプロットにはどんなアプリを使いになったんでしょうか?
見やすくていいですね。

過去のデータに基づく最小分散は、時間の経過とともに変わるのでたまに見直さないといけないですね。
カウチポテト式に半々の方が、あるいみ諦めがつきやすいかもしれませんね。笑笑

その点時価総額比例だと、ファンドが勝手にやってくれるという方法もあるので便利です。
自分でやるならやはり、どこかで諦めが必要になりそうです。

固定配分には、投資が実行しやすいという面が利点となるので個人的には良いと思います。

投稿: binboinvest | 2017年11月24日 (金) 00時25分

binboinvest様
 コメントありがとうございます。
 グラフのプロットは、自分で10年前に作ったExcelの表です。マーコウィッツ先生は半世紀以上前、手計算でこれを発案したのかと思うと頭が下がります。
 あきらめというか、見切りというか、そんなところです。 
 

投稿: NightWalker | 2017年11月24日 (金) 08時28分

こんにちは、本日たまたま見かけたブログの記事に、こちらの記事からの改変ではないかと思われる画像があったのですがご存知でしたでしょうか?
http://realmuay.blog.fc2.com/blog-entry-230.html

投稿: | 2017年12月 3日 (日) 20時10分

こんにちは。りある・むえと申します。

本記事のグラフを幣ブログで引用させていただきました。その時に、「山崎氏推奨配分」は、この辺りというコメントを追加しました。事後報告になって大変申し訳ありませんでした。他の方から幣ブログにご指摘があり、連絡させていただきました。

以下のようになっていますが、問題あればお手数ですが連絡ください。

http://realmuay.blog.fc2.com/blog-entry-230.html

投稿: りあるむえ | 2017年12月 3日 (日) 20時39分

?様
 ご連絡ありがとうございました。
 さきほど(2017/12/3 20:56)、りあるむえさんから、ツイッターのDMで連絡がありました。
 記事を削除して、折を見て書き直すそうです。

投稿: NightWalker | 2017年12月 3日 (日) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/66076642

この記事へのトラックバック一覧です: 私は、日本株と外国株の比率をどうやって決めたか?:

« アーリーリタイアと季節感 | トップページ | つみたてNISA向けに同じ会社から同じ指数に対して複数のファンドが出ているケース »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.