« もしも、今、一からポートフォリオを組んだらどうするだろうか 2017 | トップページ | 自己成長する資産をバイアンドホールドする »

2017年11月28日 (火)

危機は、あさっての方向からやってくる

最近、急上昇中の株価。十分正当性がある、という説明も見かけます。

「日本株のPERは16倍程度で、決して高いとは言えない」「今の株価の上昇は、30年前とは経済の基礎的条件(ファンダメンタルズ)が違う」、などです。全くもって、その通りだと思います。しかし、だからといって、油断はできません。私としては、以下の二つのことは肝に銘じています。

その1 危機は、あさっての方向からやって来ることがある

危機は、時に思いもしないところからやってきます。

こういう場合、いくら株式市場が健全だとしても、関係ありません。突如、全然関係ないところで大きなショックが起きて、株式市場もとばっちりを食らいます。

その2 リスクを取ってなくても「とばっちり」は受ける

危機は、リスクを取っていない人のところにも襲ってきます。この辺が、世の中の理不尽なところです。

たとえば、みなさま、ご存じのように、危機は、直接リスクを取っていなかった善良な?労働者のところにもやってきます。そんな構造改革の人事手法のおかげで私はアーリーリタイアできたわけで、個人的には悪いとは言い切れませんが、一般的には、うれしい話ではありません。

どうせ、世の中、危ないのなら

私の結論は、こうです。

リスクを取っても取らなくても危ないのだから、適度なリスクテイクをしていた方がまし。

リスクを取っていれば、一時的には負けても、逆襲するチャンスもできますからね。リスクの取り過ぎはいけませんが、あまりに安全指向でもいけないと私は考えます。

というわけで、

  備えあれば憂い無し。リスク取らねばリターン無し。

リスク許容度に注意しながらも、しっかり、資産運用していきたいですね。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« もしも、今、一からポートフォリオを組んだらどうするだろうか 2017 | トップページ | 自己成長する資産をバイアンドホールドする »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もしも、今、一からポートフォリオを組んだらどうするだろうか 2017 | トップページ | 自己成長する資産をバイアンドホールドする »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.