« 新生銀行のつみたてNISAの商品が、なかなか良い感じ | トップページ | ポートフォリオは全金融資産で見てみようの巻 »

2017年11月 5日 (日)

アーリーリタイアと資産のダウンシフト

当ブログで、ダウンシフトというと、リタイアして、それまでの、ばりばり働く生活から、ゆっくり生きていく生活スタイルへの変更を指すことが多いですが、今回のエントリーでは、資産の減速について考えてみます。

一般的な話

資産形成の目的が、リタイア後の生活を支えるということに主眼を置いていた場合、年齢とともに、リスク資産の比率を減らしていく、というコントロール方法が、下記の本などで、紹介されています。100ー年齢が、その年齢における適切なリスク資産比率だという考え方で、一般的に高く支持されている方法論だと思います。

で、私の場合、実際はどうだったのか?

これまで、資産のダウンシフト=リスク資産比率の低下は、大きく、二つの局面がありました。

その1 株暴落でリスク資産比率が低下

大きかったのは、リーマンショック。結果、リスク資産の比率は減りました。

その時に見直したのは、全財産の棚卸しです。ほったらかしにしていた給与天引きの貯金等を合算して、トータルでリスク管理をしだしたのはこのときからです。けがの功名で、リーマンショック後の比率が、自分にとって、ちょうどよかった、ということに気が付くことができました。

その2 退職金でリスク資産比率が低下

アーリーリタイア時、早期退職で優遇退職金をもらいました。あたりまえですが、これが、大きく、リスク資産の比率を低下させました。(ただし、毎月公開しているポートフォリオでは、その分を差し引いています。)

私の場合は、自動的にダウンシフトしちゃったけど・・・

私の場合に共通するのは、意図的にダウンシフトはしないで、運用人生をやり過ごして来てしまったこと。

上記のような事情で、結果的に、

(1)収入がなくなる5〜10年前に、1段減速
(2)収入がなくなったときに、もう1段減速

となりました。

この間、リバランスとお金が必要という理由以外で資産を売却はしていません。

普通は、資産を売らないとダウンシフト=リスク資産比率の低下はできないと思うのですが、私の場合は、売らなかったけど、なんだかうまいタイミングで自動的にダウンシフトしちゃったんです。今にして思うと、ラッキーとしか言いようがありません。(ホントは、リーマンショック前にダウンシフトできていれば、すごかったんですけど、それは、無い物ねだりと言うことで)

現役時代にリスクが大きめに取れるのは、仮に暴落があっても、リカバーできる収入源と時間があるから。

このことの大切さは、突然アーリーリタイアすることになった今、かえって実感できるようになった気がしています。 

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« 新生銀行のつみたてNISAの商品が、なかなか良い感じ | トップページ | ポートフォリオは全金融資産で見てみようの巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新生銀行のつみたてNISAの商品が、なかなか良い感じ | トップページ | ポートフォリオは全金融資産で見てみようの巻 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.