« つみたてNISAのラインナップは、やっぱり信託報酬が安い | トップページ | 分散投資の効果がわかる図 »

2017年10月 7日 (土)

最後のアクティブファンド

さて、先日のエントリーで、お伝えしたように、ウェルズリーインカムファンドは、終了。このファンドが、私としての最後のアクティブファンドになりそうです。

過去に持っていたアクティブファンド

過去に持っていたアクティブファンドを二つほどあげます。

(1)さわかみファンド

(2)レオス日本成長株ファンド(愛称)鞍馬天狗

どちらも、すでに持っていません。

さわかみファンドは、信託報酬とさわかみビレッジに納得がいかず止めました。(その後、ビレッジはどこかへ霧散した模様です。)

鞍馬天狗は、当時の私にとって、どうも、すっきりしないところがあって、止めました。(その後、ファンド自体がなくなりました。)

私が、アクティブファンドに求める条件

私は、アクティブファンドについて、別に否定しているわけではないのです。ただし、条件が2つほどあります。

(1)ファンドマネージャーに依存しない方針

(2)低廉なコスト

この二つを兼ね備えたファンドが、私にとっては、ウェルズリーインカムファンドでした。

私が、「ファンドマネージャに依存しない方針」を求めるのは、私が、長期投資を標榜しているからです。30年後も、そのマネージャが現役でいる可能性は低いでしょう。

また、コストもしかりで、長期投資を標榜しているがゆえです。

そして、私のアンテナでは、上記の条件をクリアし、長期投資に向いていると断言できるファンドは、残念ながら、見つけることができません。

アクティブファンドはなくなったが、、

というわけで、いまのところ市販されているファンドには、私の欲する仕様のアクティブファンドはありません。しかし、今は、低廉なスマートベータ系のETFも増えています。これらを組み合わせれば、アクティブ性のあるポートフォリオを自作することができる時代になりました。

というわけで、私としては、ポートフォリオ全体として、市販していない自分ファンドを作るみたいな、そんな方向性を目指しています。

目標は、年金受給開始までに、シニア向けのポートフォリオにすることです。お手本は、くしくも、今回、手放すことになりそうな、ウェルズリーインカムファンドです。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« つみたてNISAのラインナップは、やっぱり信託報酬が安い | トップページ | 分散投資の効果がわかる図 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« つみたてNISAのラインナップは、やっぱり信託報酬が安い | トップページ | 分散投資の効果がわかる図 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.