« アーリーリタイアと早期退職制度 | トップページ | 職場つみたてNISA »

2017年10月22日 (日)

日経平均の長期のリターンを視てみるの図

最近、日経平均絶好調です。つい、「そろそろ危ないから、冬ごもりの準備をしよう」と取られるようなメッセージを発信することも多い当ブログですが、たまには、我が愛するニッポンをほめてあげようと思います。

日経平均はどの程度のリターンだったの?

1960年〜の日経平均と、補助線として、3%〜7%(年複利)のリターンの線を書いてあります。

なんで1960年からにしたかというと、50年前にしようと思ったのですが、1967年からだと、グラフを描くとき見栄えが悪い、という他愛もない理由です。

また、長期と言うことで、縦軸は、対数にしてあります。

201710221

<10/22> 図の年数がずれていたので差し替えました。

手元の計算では、日経平均の年複利の平均は、6〜7%あたりに収束しています。紫色の補助線と水色の補助線の間です。

日本株も捨てたもんじゃない?

と考えると、

  • 1990年移行の日本株の長期低迷は、1970年代、80年代にあげすぎた日本株の大調整
  • 大調整もそろそろ終わりを告げ、ようやく、長期のリターンが平均に回帰しつつある。

とも見えます。

別の見方をするならば、20年以上にわたって、日本株のダメっぷりは、株価に、もう十分、織り込まれてきた、とも言えなくもありません。

80年代以降に生まれた方には、全く、信じられないと思いますが、思ったより、あったんですよ、日本株のパワー。

まあ、結局、「未来のことはわかりません」となってしまうのですが、あと、50年、いや、せめて、30年くらい数値が積み上がると、面白いことが見えてくるかもしれませんね。

余談

それにしても、年5%パワーが発揮されると、2040年代には、日経平均10万円突破です。すごい!どうですか、少しは、夢とか希望を感じられませんか?

・・・・えっ、10万円って聞いたら、逆に心配になった?・・・・失礼しました。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« アーリーリタイアと早期退職制度 | トップページ | 職場つみたてNISA »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アーリーリタイアと早期退職制度 | トップページ | 職場つみたてNISA »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.