« オリックス銀行の振込手数料が楽天銀行も月2回無料の対象になっていた | トップページ | インデックス投資 オススメのポイント »

2017年9月 3日 (日)

ロボアド草創期の実力は?

マネー研究所さん、ロボアドの比較記事です。わかりやすいですね。

なんとリスクリターン比較がある

この記事には、なんと「各社ロボアドのリスクとリターン」という表が付いています。

  • ロボアド各社の開示情報、あるいはそれを基としてQUICK資産運用研究所さんが計算。
  • リスク水準を5段階で評価
  • 参考にポートスター=一般売りもしているeMAXIS最適化バランスファンドも比較対象。

QUICKさん、えらい!

結果、記事では、

各社ロボアドのリターンには多少の差はあっても、リスク許容度に応じた1年間の運用成績はまずまずだったといえるのではないか。

と評されています。

リターン/リスクを計算してみると?

なるほど。でも、ちょっと気になったので伝統的な方法論で、リターン/リスクを計算しました。リスクに見合ったリターンがあるかという計算です。

投信工房も比較したかったので、6ヶ月のリターンで計算してみました。

リスク
水準
ポート
スター
Welth
Navi
楽ラップTHEOMSV
LIFE
投信
工房
SMART
FOLIO
資産の
窓口
1 0.65 0.19 1.04 0.14 0.71 0.84 - -
2 0.85 0.38 1.32 0.20 0.64 0.90 0.95 0.54
3 0.94 0.61 1.33 0.27 0.49 0.90 0.79 0.51
4 1.00 0.77 1.26 0.34 0.44 0.86 0.66 0.54
5 1.40 0.94 1.20 0.46 0.43 0.82 - -

これを見ると、各社には、違いがあることがわかります。

そもそも、リスク水準の定義もレベルが合ってないのかもしれませんし、たったの6ヶ月のデータです。しかも、ドシロートの私が計算しています。この比較もあくまで、ご参考です。

ただ、私としては、古典的な「現代ポートフォリオ理論」で分散投資をするなら、いまのところ、

  • バランスファンドか世界分散型インデックスファンドで十分かな。

と思いました。

あっ、これは、私の見方です。そして、今回も例の但し書きを最後に。

投資は、あくまで、自己責任でお願いいたします。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« オリックス銀行の振込手数料が楽天銀行も月2回無料の対象になっていた | トップページ | インデックス投資 オススメのポイント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オリックス銀行の振込手数料が楽天銀行も月2回無料の対象になっていた | トップページ | インデックス投資 オススメのポイント »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.