« アーリーリタイアと家族 | トップページ | インデックスファンドを選ぶときの注意点 »

2017年9月26日 (火)

絶対金額で考えてみるとよさそうなもの

私は、ポートフォリオを公開ベースでは、比率で見てますが、絶対額で見た方が良いと思っていることもあります。

リスク許容度は絶対額で見ています

その代表例が、リスク許容度。

市場にクラッシュがあって、保有するリスク資産が大幅に縮小したとき、いくらだったら耐えられるか?を考えています。その2倍くらいが、自分の資産運用の限界と覚えておけば良いのではないでしょうか。

たとえば、100万円が限界。という人は、2倍の200万円くらいが適度な運用額。という感じ。

これは、リスクに対する感性もですが、収入力のあるなしでも変わりますね。

ご参考

  • 株式クラスの標準偏差(シグマ)は、だいたい、プラスマイナス20%〜25%
  • 計算モデル上は、約95%の確率で、その2倍(2シグマ)くらいの範囲でリスク資産は振れる

他には、最近、絶対額で見ているのが、リタイア生活をしていると、どうしても気になる配当金です。配当って言うのは、課税という難点がありますが、株式投資の基本であり、投資するモティベーションの中核だと思うんですよね。

私の数字に対する基本的な考え方

数字の見方に対する私の考え方は、

  • 絶対額で表現されている場合は比率に換算してみる
  • 比率で表現されている場合は絶対額に換算してみる

というものです。あまのじゃくなんです。前者の例が、ポートフォリオ、後者の例が、信託報酬。

売り手が出してくる数字というのは、一般的に「数字は間違っていないが、顧客本位ではない」と考えております。

以上、ものごとは、いろんな角度で見といた方が良いよね、というお話しでした。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« アーリーリタイアと家族 | トップページ | インデックスファンドを選ぶときの注意点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アーリーリタイアと家族 | トップページ | インデックスファンドを選ぶときの注意点 »

 
 
Copyright © 2005 - 2018 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.