« つみたてNISAで商品を選ぶときのポイント | トップページ | ブログ開設12年のごあいさつ »

2017年9月10日 (日)

アーリーリタイアと老後の生活費に関する感覚

よくあるのが、老後にお金が不足する、だから投資が必要だ。という論理です。

良くある論理

(1)老後の生活費は、余裕を見て月30万は欲しい。
(2)年金の見込額は、月15万円だ。毎月15万円足りない。
(3)100歳まで生きるとしたら、月15万円×35年×12ヶ月=6,300万円必要だ。
(4)とても、蓄財しきれない。投資しよう。

私が金融機関で投資商品を売る側だったら、思わず、使ってしまうかもしれない論理です。

この論理の危険なところは、投資の期待収益率が、時に現実離れしてしまうことです。

私の考えは、ちょっと、違います。

私の論理

(1)老後の生活費は、そのときの環境で変わる。
(2)年金が15万円だったら、まず、その範囲で暮らすことを考えよう。
(3)であれば、何歳だろうと、死ぬまで死なない。
(4)でも、いざというときがあるかもしれない。ほどほどの蓄財は大事。
(5)インフレリスク等を加味すると、蓄財策の一つとして投資は必要。
(6)明日は明日の風が吹く。余裕資金の使い途は、そのとき考えよう。

です。

端的に言えば、「あるだけで暮らそう」という考え方です。

私が、資産を取り崩すのは、65歳、年金受給開始まで。それまでに、上記で言えば、月15万円で暮らすすべを構築しようというのが、私の考えです。

リタイアすると思ったほどお金を使わない(個人差あり)

私が、上記のような、かなり「枯れた」考え方をするようになったのは、親と同居したのがきっかけです。リタイアすると、思ったほど、お金を使わないな、ということに、割りと早く、気が付いたんですよね。

  • それほど出歩かなくなり、お金を使わない。
  • 高齢化すると、体力とともに、基礎消費力も低下する。
  • 介護費用も、在宅介護なら、あんまりかからない。
  • 持ち家だったら、家賃はかからない。(固定資産税と時折発生する修繕費)
  • 同居すれば、共同生活効果で、出費は減る。

などなど。完全アーリーリタイアして、これは、より、確信に近付きました。

最大の敵は、知らぬ間に家計に潜む浪費構造です。これを時間をかけて、改善するつもりです。

いくらお金があっても足りないと思う人

人生に必要なお金について、私、かなり、割り切ってます。

この「割り切り」、別名「覚悟」のない人は、アーリーリタイアするのは、難しいかもしれません。

なぜって、「割り切り」がない人は、いくらお金があっても足りないんですよ。足りても足りない。勢い、セミリタイアしたと言いながら、腰掛けではなくフルタイムの仕事を始めたりするわけです。(私も再修行に出たんですけど、実は、ずっと、やるつもりはありませんでした。)

もちろん、働けば働くほど、お金の不安はなくなります。でも、その代償で失われるものもある。

「足るを知る」。なかなか難しいことであります。仙人になった今でも(笑)、いまだにそう感じます。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« つみたてNISAで商品を選ぶときのポイント | トップページ | ブログ開設12年のごあいさつ »

コメント

ワタシの記事にご意見いただいてありがとうございます!!
お互い頑張りましょう!!
勉強させていただきました!!!
今後ともよろしくご指導ご鞭撻方、お願いいたしますm(_ _)m

投稿: いっさん | 2017年9月10日 (日) 06時02分

いっさん
 コメントありがとうございます。
 お金の使い方は、ひとそれぞれのライフスタイルですよね。

投稿: NightWalker | 2017年9月10日 (日) 09時25分

その年金が、全然当てにならないから不安が消えないですよ。
下手すれば、4割削減もあり得る状況です。
更に今後は、支給開始年齢が強制的に70歳に引き上げかねられない状況です。
年金なんて、金握ってる連中のさじ加減で、いくらでも制度を変更できます。

金握られた時点て、終わってます。

投稿: 見知らぬ男 | 2017年9月17日 (日) 07時51分

見知らぬ男 様
 コメントありがとうございます。
 年金減は、私のエントリーで言う「いざというとき」のひとつです。
 しかし「4割減」というのはすごいですね。どこの機関が出している数字でしょうか。

投稿: NightWalker | 2017年9月17日 (日) 11時31分

機関が出しているわけではないですが
【悲報】年金の支給額が最大で3割削減へ!安倍政権が年金改革法案を提出!マクロ経済スライドを実施|情報速報ドットコム
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-10473.html

こういうのを読んでしまうと、4割、5割もあるんじゃないかと勘ぐってしまいます。

投稿: 見知らぬ男 | 2017年9月17日 (日) 13時56分

見知らぬ男様
 ご紹介いただいた記事、元ネタらしき「東京新聞」のリンクも切れてました。
 マクロ経済スライドは、
 (1)賃金上昇した場合、年金額を賃金上昇率ほどは上げない。
 (2)賃金上昇がプラスでも小さい場合は、年金額がマイナスにならないようにする。
 (3)賃金上昇率がマイナスの時は、その分だけ年金額を減らす。
 という仕組みです。(昨年の改正で、(3)が加わった)
  http://www.mhlw.go.jp/nenkinkenshou/finance/popup1.html

 どういう試算条件で3割減なのかなあ。

投稿: NightWalker | 2017年9月17日 (日) 23時59分

リンク、切れてましたか。
もう一回、年金についていろいろ調べてみます。

投稿: 見知らぬ男 | 2017年9月18日 (月) 05時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« つみたてNISAで商品を選ぶときのポイント | トップページ | ブログ開設12年のごあいさつ »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.