« つみたて投資の金額を決める方法をちょっと考えてみる | トップページ | SBI証券さんでも、毎日投信が始まります。 »

2017年9月14日 (木)

「つみたてNISA早わかりガイドブック」と、気になる内外株式型3本の話 #つみたてNISA

9/10に開催された「つみたてNISAフェス2017」 で配布された「つみたてNISA早わかりガイドブック」が、さっそく、金融庁のサイトにアップされています。

つみたてNISA早わかりガイドブック

拡散希望です↓

わかりやすくて、非常に良い資料だと思います。これのすごいところは、まず、最初に

低金利のもとでは、預金だけでは資産は増えません。

と、日本金融の中核である金融庁殿が、はっきり言いきっていること。ある意味、すごい一文です。

こういう資料を仮に私が作ると、つい、論理的に、リタイア資金を作るには時間がかかる→長期投資は必須→分散投資は必須→そも分散とは→コストも大事→当たり外れのあるアクティブよりインデックス→ドルコストはサラリーマンに向いてる、、、、と来て、ようやく、つみたてNISAとは?に到達するわけですが、たぶん、投資未経験者は、最初のところで挫折します。

ここには、つみたてNISAを、さくっと、わかってもらうための「割り切り」があります。ここまで、割り切れるのも、投資未経験者向けに商品の絞り込みをしたからこそと思います。

気になる「内外株式型」の3本

ガイドブックでは、ありませんが、金融庁さんのサイトには、もう一つ気になる情報があります。

ここに、公募投信114本、ETF6本 計120本が、金融庁に相談のあった商品として報告されています。

私が気になるのは、「別紙2:つみたてNISA対象と考えられる公募投信の商品分類」の中の「内外株式型」3本

20170913

これ、多くのインデックス投資家が、待ちに待っている全世界株式に一本で投資するローコストファンドなんですかねえ?

例えば、9月8日から運用開始した、ステートストリート 全世界株式インデックスファンド。ステートストリートさんの、ニュースリリースには、

2018年1月より始まる少額投資非課税制度「つみたてNISA」の投資信託における対象商品となる予定です。

と書かれています。

あとの2本は、何かな。もしかして、アウターガイさんが速報されたファンドなんかも入っているの?

憶測は、人を、とても「うきうき」な気分にしますが、しばしば「がっかり」させてくれたりもします。静かに時が過ぎるのを待ちたいと思います。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« つみたて投資の金額を決める方法をちょっと考えてみる | トップページ | SBI証券さんでも、毎日投信が始まります。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« つみたて投資の金額を決める方法をちょっと考えてみる | トップページ | SBI証券さんでも、毎日投信が始まります。 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.