« 無リスク資産の預け先は? | トップページ | 長期投資と分散投資とドルコストの話 »

2017年8月16日 (水)

一日が短い

セミリタイア状態になって、もうすぐ、2年。完全リタイア状態になってから、かれこれ、8ヶ月です。そんなある日、あることに気が付きました。

それは、一日を短く感じるようになったことです。

短く感じるようになった理由を考える。

いくつかの要因を考えてみました。

  • やること(遊ぶこと含む)が、たくさんある。
  • 仕事だけではなく、子育ても終わったので、ほぼ、自由である。
  • もともと、ぐうたらな生活が、好き。
  • 歳を取ると、時間を短く感じるようになる。
  • まだまだ、日が浅い。
  • いや、人間とは、そもそも、そう出来ている。

なんなんでしょうね。

アーリーリタイアして、することがなく、退屈だという気持ちがわかる日が、私に訪れるのだろうか。

時間の感じ方は、いろいろ

私の妻の話ですが、結婚したときは、とにかく、会社を辞めたかったようで、ほどなくして辞めました。いわゆる、寿退職。

実際、ほんとに働きたくなかったようです。アーリーリタイア願望と、専業主婦・主夫願望は、似ているのかなあとも思うわけですが、そんな妻も、最近は、友人に誘われて始めたパートや、知り合いの頼まれ仕事にやりがいを感じています。

妻の場合も、いまや、一日が、短いわけです。

働いていても、一日が短く、働かなくても、一日が短い。

・・・といいつつ、私もサラリーマン終盤戦では、一日が長く感じられたので、単に、やっていることとの相性なのかもしれませんね。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 無リスク資産の預け先は? | トップページ | 長期投資と分散投資とドルコストの話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無リスク資産の預け先は? | トップページ | 長期投資と分散投資とドルコストの話 »

 
 
Copyright © 2005 - 2018 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.