« 2017/7末のポートフォリオ | トップページ | 最近、J-REITが低迷中 »

2017年8月 1日 (火)

私のキャッシュポジションって、どのくらい?と思った件

GPIFさんのツイートです。

2016年度末のGPIF

基本ポートフォリオならびに現況が、わかりやすく図示されています。

Dfzysvsv0aaxpuvjpgsmall

GPIFには、短期資産もある。

ここで、おやっ?と思うのが、基本ポートフォリオ4資産にはない、第5の資産。

短期資産です。

このため、基本4資産は、それぞれ、目標比率より少なめの数字になっちゃうんですね。

  • 国内債券 目標35% →31.68%
  • 国内株式 目標25% →23.38%
  • 外国債券 目標15% →13.03%
  • 外国株式 目標25% →23.12%

H26年以前は、短期資産も基本ポートフォリオ上で明示されていました。H26年以降、それが、なくなっちゃったんですけど、実態はあるのです。

資産を追加で買い付けるとき、あるいは取り崩すとき、などに備えた待機資金と思われます。いわゆる、流動性確保。比率も流動的で、だいたい、5〜10%程度で推移しているようです。

私のキャッシュポジション

個人でも、これは重要です。個人で言えば、キャッシュポジションに相当するのかな。

というわけで、私の生活防衛資金を除く運用資産にしめるキャッシュポジションの比率をさっそくチェック。結果、、、、

約8%が、キャッシュでした。

(ちなみに、賦課方式である年金運用とは違い、収入のない私は、生活防衛資金を、運用資産の外数で多めに確保しているので、実態としてのキャッシュは、もっとたくさんあります。)

キャッシュポジションは、いままで、ざくっと金額で把握していましたが、比率でも把握しておこうかなあ。

信託報酬も管理料もお得なSBI証券の個人型DCはこちら→SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)<

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« 2017/7末のポートフォリオ | トップページ | 最近、J-REITが低迷中 »

コメント

私は現金がちょうど3割くらいです。
もうちょっと増やしてもいいかなと思いますがあまり増やすと資金効率が悪くなるんですよねえ。
でも暴落時に現金は欲しいし、、、悩ましいです。

投稿: 招き猫の右手 | 2017年8月 2日 (水) 00時16分

招き猫の右手様
 コメントありがとうございます。
 キャッシュ比率とか、無リスク資産の比率、あるいは金額って言うのは、個人の資産運用の最重要マターですよね。ここが決まれば。後は自ずと決まる、という。
 私も、けっこう、悩みました。人生の見通しは、そのときどきで変わる話なので、これからも、悩みなおすかもしれません。

投稿: NightWalker | 2017年8月 2日 (水) 00時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2017/7末のポートフォリオ | トップページ | 最近、J-REITが低迷中 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.