« リスク・プレミアム | トップページ | 今、みなさんの資産は、適温ですか? »

2017年8月28日 (月)

ステート・ストリートの全世界株式インデックス・ファンドと8月のムサコ会

昨日、ムサコ会があり、参加してきました。最初、kenzさんと私だけの時間が、1時間ぐらいあり、そのとき以下の新ファンドの話をちょっとしました。

全世界株式インデックス・ファンド

ついに、日本含む先進国+新興国 に一本で投資できるファンドの登場です。

  • 日本を含むMSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(ACWI)に連動
  • 信託報酬 0.48%(税抜)

となっています。

まだ、どういうチャネルで販売される商品なのか、わからないので、ブログでは、取りあげていなかったのですが、せっかく、話題に上ったので取りあげちゃいました。

このコンセプトは、とても素晴らしい。もし、このファンドが一般販売されるなら、投信ブロガーが選ぶFund of the year 一押しにしようかなー。

このファンド、今のコスト相場観でいうと、信託報酬が高い感じがします。しかし、kenzさんともお話ししたのですが、使いようでは、ベストな一本になり得ます。

このファンドの使い途

たとえば、以下の超簡単ポートフォリオにする作戦です。

  • 全世界株式インデックス・ファンド 50%
  • 個人向け国債 50%

ずばり、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの代替策。これであれば、保有コストが実質0.24%という超ローコストな疑似バランスファンドであると考えることができ、なかなか、優れた選択だと思います。

この作戦、突き詰めると、「このファンド一本」と同じ意味合いです。全財産におけるリスク資産の比率だけを、リバランス含めて、別途管理するわけです。これは、もともとバランスファンドで管理できる話じゃないですしね。

8月のムサコ会

今回、参加のメンバーは、

このような場に参加させていただくと、色々、発見とか再認識をすることができます。

今回の再認識のひとつが、確定拠出年金制度や、投信を使った資産形成というのは、やっぱり、まだまだ、市民権を得ていないんだなと言うこと。

たとえば、「株式投資による資産形成なんて考えるヒマがあるんなら、もっと別のこと(結婚とか仕事)を考えろ」だったり、「投信なんて儲からない。株式をやった方がいい」とか。オヤジ感満載です。

こういうことを言うオトナは、そのうち、絶滅していくのではないかとも、思うのでした。なぜって、未来のオトナは、今の若者だからです。

もう一つの発見は、女性ファッション誌の記事がきっかけで、インデックス投資を知ったという方がいらっしゃったこと。

これも、古い世代の投資感覚から、新しい「資産形成のための投資」への変化を象徴するようなお話しだと、感じました。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« リスク・プレミアム | トップページ | 今、みなさんの資産は、適温ですか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リスク・プレミアム | トップページ | 今、みなさんの資産は、適温ですか? »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.