« インデックス投資ナイト2017に登壇してきました。 | トップページ | 私がセミリタイア後もリスク資産を取り崩さない理由は、割と単純 »

2017年7月11日 (火)

アーリーリタイアとインデックス投資

インデックス投資ナイトで、話そびれた話です。

Sponsored Link

いきなり、重めの想定質問から、行きます。

インデックス投資でアーリーリタイアできますか?

これについては、

  • 長期的に見た期待収益率5%の資産運用でアーリーリタイア出来ますか?という質問と似ています。

が、私の答えでした。(あまりに流れに合わない質問だったので、これを投げるのはやめたのですが、正解というか、無理。)

5%といえば、20世紀の頃の預金金利程度です。今や、それがリスク資産の運用じゃなければ実現出来ない代わりにデフレなんですが,それはさておき。

時々、書いてる、「資産形成の方程式」を出してみます。

 資産形成 = (収入ー支出) + (資産×運用効率)

やっぱり、大事なのは、 収入ー支出。

身もふたもない話ですが、ここを、大きくできれば(例えば、ダブルインカム)、運用効率が低めだとしても、アーリーリタイアの可能性が出てきます。

それでも投資経験は役に立つ

私の場合は、アーリリタイアするためにインデックス投資をやっていたわけではなく、

  • インデックス投資をやっていた人が、人生の転機が訪れ、アーリーリタイアしちゃった。

でした。(「するハメになった」というのが正しいかも)

インデックス投資で財をなしたからではありません。

  • いいタイミングで早期退職制度があったおかげ。

金銭面での主要因は、割と身もふたもないです。

アーリーリタイアというのは、ある意味、実に非合理的な判断です。働かないことは多くの人にとって不安の一因ともなり得ますし。

でも、よく考えてみると、年齢要因含めて、「あれ?」「だいじょうぶかも?」だったんですね。

アーリーリタイアについて、多少なりとも、合理的な判断ができるようになった素養の源が、インデックス投資含む広い意味での投資経験でした。それこそが、私にとっての投資の最大成果だったと今は断言できます。

最後はキャラ

あとは、実は、アーリーリタイアしちゃうような人間だった、つまり普通じゃなかったってことですかね。

普通の人にインデックス投資は向いていると思いますが、普通の人には、アーリーリタイアは向いていないと私は思います。でも、だからといってインデックス投資家がアーリーリタイアに向いていないわけでもありません(実例1)。

それにしても、普通って、なんなんだ。

手数料の安いiDeCoを選ぼう  SBI証券のDCはこちら→SBI証券

Sponsored Link

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« インデックス投資ナイト2017に登壇してきました。 | トップページ | 私がセミリタイア後もリスク資産を取り崩さない理由は、割と単純 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インデックス投資ナイト2017に登壇してきました。 | トップページ | 私がセミリタイア後もリスク資産を取り崩さない理由は、割と単純 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.