« 長期投資を続ける3つのキーワード | トップページ | 取り越し苦労にはコストがかかる »

2017年7月 2日 (日)

最近の私の日本株式クラス 2017

ちょっと前ですが、今年になって、自分の日本株式クラスに新しくETFを組み入れました。ポートフォリオのページ(ブログPCページの上の方のタブ)も放置状態だったので、メインテナンスしました。

Sponsored Link

今年になって、やったこと

4月にNISA口座の商品入れ替えをしました。

<売却>

  • ニッセイ日経225インデックスファンド

<新規組入>

  • 1489 NEXT FUNDS 日経平均高配当株50指数連動型上場投信
  • 1492 MAXIS JPX 日経中小型株指数上場投信

日本株式クラス 2017

日本株式は、ETFだけになりました。

  • 1306 TOPIX連動型上場投資信託
  • 1577 NEXT FUNDS 野村日本株高配当70連動型上場投信
  • 1698 上場インデックスファンド日本高配当(東証配当フォーカス100)
  • 1489 NEXT FUNDS 日経平均高配当株50指数連動型上場投信
  • 1492 MAXIS JPX 日経中小型株指数上場投信

新しく組み入れた「日経平均高配当株50指数」は、日経平均株の中から、予想配当利回りの高い銘柄をチョイスしたという、なかなか魅力がある指数です。

ETFオンリー。そして、高配当だらけ。

「JPX中小型株指数」については、取るに足らない、単なる私の趣味です。中小型株は、直近のバックテストで好成績ですが、その反動もあるはずですので・・・私の趣味です。

ETFの注意点

てなわけで、日本株がすべて、ETFになった私ですが、ETFは、以下の点で、長期の資産形成には難点があります。

  • 分配金が出てしまい、税金がかかる。
  • 流動性の低いものも多く、指し値が基本

資産形成期にいらっしゃる方の基本路線としては、配当金込み指数に連動する普通のファンドが良いのではないでしょうか。

もはや、リタイア生活の助走期間にある私としては、将来、妻に資産をバトンタッチしたとき、メンテナンスフリーな状態を作る方法論として、配当金重視の資産を考えていて、ETFの持つ分配金が出る、売買が困難、というデメリットは、逆にメリットではないかと、考えていたりします。この辺は、まだまだ、カット&トライです。

手数料の安いiDeCoを選ぼう SBI証券のDCはこちら→SBI証券

Sponsored Link

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« 長期投資を続ける3つのキーワード | トップページ | 取り越し苦労にはコストがかかる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長期投資を続ける3つのキーワード | トップページ | 取り越し苦労にはコストがかかる »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.