« 自由って、実は、大変です | トップページ | お金の寿命 2017 »

2017年6月15日 (木)

年金って何だろうといまさら考える

伊藤俊輔さんのコラムです。

竹川美奈子さんのツイートで知りました。

年金って、たくさん ある

伊藤さんは、

企業年金 → 分割受取退職金
確定拠出年金(DC) → 確定拠出将来資金(DC)
確定給付年金(DB) → 確定給付将来資金(DB)
個人年金保険 → 将来貯蓄保険
年金受取 → 分割受取
自分年金 → 将来貯蓄

と通訳されています。

分割受取金かあ・・・なるほどー。

年金って、一生もらえるものばかりではない

私が、年金と言う言葉から受ける印象は、

 一生もらえる

です。頭では、違うと理解しているのですが、脊髄がそう感じてしまいます。いわゆる長生きリスクの対策ですよね。

年金と呼ぶことで、私のように、一生もらえると勘違いしてしまう人もいるかもしれませんが、そうじゃない年金はたくさんあります。

たしかに、普通の老齢基礎年金や厚生年金なんかは、一生もらい続けることができます。そういえば、国民年金基金も終身年金のコースがありますね。(私は、いまさらなのですが、40代前半でリタイアしたひとなどは、厚生年金の積み上げが少ないはずなので、終身年金の補完策として検討の余地があるかもしれません。)

企業年金は、会社によりますかねー。終身がある場合、ない場合、終身と有期限の年金併用の場合。

確定拠出年金(DC) は、終身はないですよね。(私が知らないだけで、あるのかな?)

DCは、一時金で受け取ると退職金イメージ、分割して受け取ると年金です。

年金って何?(私の場合)

そんな私の、年金とそうではないものの理解は、以下です。(私が理解しやすいと言うだけです)

 確定申告のとき、年金控除が使えるものは年金

です。

たとえば、企業年金は、確定申告するとき、雑所得の公的年金等の欄に入力します。企業年金は、公的年金扱いなんですよね。

でも、「自分年金」は、さすがに、単なる貯蓄ではないですかねー。

いやいや、まてよ、「自分年金」って言葉を使う人の中には、確定拠出年金なんかも「自分年金」の一つとして定義している人もいる?・・・・・うーん、いちばんやっかいなのは「自分年金」かも。

以上、別に言葉の定義をしたいわけではない、単なる雑談でした。

Sponsored Link

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« 自由って、実は、大変です | トップページ | お金の寿命 2017 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自由って、実は、大変です | トップページ | お金の寿命 2017 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.