« アーリーリタイアのタイミングと企業年金 | トップページ | 相場が好調なときの恐怖指数を見て、リスク管理の重要性を考える 2017/6 »

2017年6月 5日 (月)

アクティブファンドのライバル

日経さんです。

Sponsored Link

いろいろな投資対象

投資対象を、私が取りうると言う観点で、以下の3つに分けてみます。

(1)個別株投資
(2)インデックスファンド
(3)アクティブファンド

保有コストの観点からは、(1)がゼロ円で一番安く、(2)、(3)の順にお高くなっていきます。

よくあるのは、(3)アクティブファンドと(2)インデックスファンドを比べて、インデックスをオーバパフォームできるアクティブファンドは少ない、なぜなら、アクティブファンドは、コストが高いから、という説明です。冒頭の記事でも、そういうご指摘がありました。

アクティブファンドのライバルはインデックス?

で、この間,気が付いたことがあります。もしも、コストが要因なら、

  • 一番勝っているのは、個別株投資家で回転売買をやっていない、個別株のバイアンドホールダーなのでは?

まず、基本的な考え方。

インデックス = すべてのアクティブ投資の総和

です。つまり、

インデックス = 個別株投資 + アクティブファンド

です。

ここで、疑問です。

アクティブファンドの成績は、個別株投資チームに対して、どうなんでしょうか?

もし、アクティブファンドの成績が、個別株投資に対しても低いのであれば、アクティブファンドって、コスト差以上にインデックスに負けているんじゃないの?と私がなんとなく感じていることにも合点がいきます。

アクティブファンドの真のライバルは、実は、インデックスファンドではなくて、個別株投資家ではないのか?

こんな疑問、というのか、興味が、フツフツとわいてきたのです。

以上は、シロート投資家の、いまさらで素朴な疑問でした。このへん、何か、情報があったら知りたいなあ。

Sponsored Link

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« アーリーリタイアのタイミングと企業年金 | トップページ | 相場が好調なときの恐怖指数を見て、リスク管理の重要性を考える 2017/6 »

コメント

個別株は、売買で取引手数利用がかかって、配当金に税金かかって。売却益でればこれに税金かかって。インデックス意識するなら資金規模は大きくなって。
投信は、ノーロードで、信託報酬必要で、無分配で運用していただいて、売却時のみ益が出れば税金。資金規模は適当で。
この比較となると。

どちらが良いんだろ

投稿: いろいろでセカンドライフ | 2017年6月 5日 (月) 15時24分

いろいろでセカンドライフ様
 コメントありがとうございます。
 このエントリーでは、アクティブファンド対個別株を比べてたつもりなのですが(わかりにくくて、すみません)、たとえば、配当が2%とすると配当控除は考慮に入れない税率20%で、0.4%ですが、一般的なアクティブファンドの信託報酬は、これに比べてはるかに大きいです。インデックスだと、たしかに微妙。

 もし、アクティブファンドの成績が、個別株に比べて悪かったとしたなら(これは仮説です)、個別株投資全体としてのキャピタルゲインは、インデックスを上回るかもしれない、という話でした。

 しかし、仮にそうだったとしても、個別株投資の勝ち組の方に回る必要があり、一個人としては難しく、次善の策としてのインデックスに行き着く、というのが、今の私の思考パターンです。

投稿: NightWalker | 2017年6月 6日 (火) 00時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アーリーリタイアのタイミングと企業年金 | トップページ | 相場が好調なときの恐怖指数を見て、リスク管理の重要性を考える 2017/6 »

 
 
Copyright © 2005 - 2018 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.