« 日本株は米国株に追いつくのか? ニューヨークダウと日経平均の絶対値の比較 2017/6 | トップページ | アクティブファンドのライバル »

2017年6月 4日 (日)

アーリーリタイアのタイミングと企業年金

大江英樹さんの記事です。日経、マネー研究所さん。この視点でブログを書こうと思ってたら、タイミング良くアップされていました。

Sponsored Link

企業年金って何?

大江さんが書いて下さったように、

退職金は企業年金のことです。退職するときに一度にまとめてお金を受け取ればそれが退職金、何年にも分けて受け取れば企業年金です。

まさにこの通りでした。言い換えるなら、企業年金とは、退職金あるいはその一部です。

おさらいすると、退職金=企業年金とは、

  • 企業は、賃金を全額、その月々、支払わずに、内部に留保する。
  • その内部留保した未払い賃金は、当然、非課税。
  • 退職時にまとめてもらうときにも、退職金控除により、その分はまるまる非課税。

というシステムです。

確定拠出年金制度とよく似ています。

というか、確定拠出年金自体が、企業年金を持っていない会社や自営業者のための「自分退職金制度」「自分企業年金」という性格を持っているのです。

アーリーリタイアのタイミングと企業年金

なんで、こんなことを書いておこうと思ったかというと、先日の金融庁の説明会の時の雑談タイムに、そんな立ち話をしたからです。

  • サラリーマンがアーリーリタイアする上で、企業年金は重要。
  • 制度によっては、年齢的に良いタイミングというのが存在する。
  • 会社によって違う。よく、総務に聞いてみよう。

企業年金は、受給資格に年齢制限があったりしますので、その辺が、ポイント。

早期退職の予定がない人も知っておいて損はありません。

企業年金はアーリーリタイア後の大切な「売上」のひとつ

アーリーリタイアする前は、一生分の金を貯めて、フロリダに移住して、欧州に別荘を持って、地中海でクルーザーを乗り回し、執事を雇って優雅に暮らす・・・とまでは、いかなくても、「アーリーリタイア=少しずつお金を取り崩して、残りの人生を生きて行くこと」ぐらいに考えていました。

しかし、現実として、アーリーリタイア生活が進むにつれ、すぐに、ちょっと違うと思うようになりました。

私は、極めて収入の少ない自由業として自立したのです。(ご参考エントリー:アーリーリタイアを相談されたら?

これは、収支上の結果としては同じことですが、意識としては大いに違います。

よく、公的年金は不安だ、ましてや、企業年金は、もっと不安だ、とする考え方を聞きます。一理あります。しかし、その分、さらに資金を上積みする必要があり、さらにアーリーリタイアは遠のきます。

私の場合は、企業年金を、その自由業稼業の貴重な売上のひとつと考えてます。その上で、その「売上」に対するリスクを自由業の経営者として判断しているというイメージなのでした。

Sponsored Link

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« 日本株は米国株に追いつくのか? ニューヨークダウと日経平均の絶対値の比較 2017/6 | トップページ | アクティブファンドのライバル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本株は米国株に追いつくのか? ニューヨークダウと日経平均の絶対値の比較 2017/6 | トップページ | アクティブファンドのライバル »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.