« お金の寿命 2017 | トップページ | パッシブ型アーリーリタイア »

2017年6月17日 (土)

米国株だけで良いのかについての私の考え

最近、米国株オンリーの投資が、この界隈で、ちょっと話題になっているようです。フクリさんのエントリーがトリガーです。

米国株オンリー投資に対する私の考え

私の考えは次の二つに集約されます。

  • 米国株オンリーもあり。
  • でも、私はそうしない。

です。

米国株オンリーでも大丈夫かな、と思う理由は、

  • 米国株オンリーといっても、最低限、日本円キャッシュ+米国株式(+それを通じたドル)+日本での仕事という分散はしている。
  • 米国企業は、世界の時価総額の50%以上を占める圧倒的強さ。
  • 米国企業の収益構造はグローバル化している。(これは、日本株含めて、他の国の株も似たような状況にある)
  • 米国が、世界市場のルールブックみたいなもの。米国が負けそうになったらルールを変えるぐらい平気でやりかねない。

とまあ、米国=世界経済といって良いほど強いです。

私が世界分散投資にこだわる理由

私自身も、日本株と米国株だけで良いじゃないか?と考えたことはあります。しかし、私がそうせず、世界分散投資にこだわる理由は、私が超長期とか長期を指向していることと関係があります。

それはひと言で言うとこんな理由です。

大英帝国も衰退した。

今をときめく米国も、建国わずか240年。19世紀の頃の米国は、新興国でした。

こんな時代です↓

その頃は、大英帝国が、植民地支配を通じて、世界経済をリードしていました。現代の米国が、多国籍企業(グローバル企業)を通じて、世界経済を席巻している構図とも重なります。

そして、大英帝国は衰退していきました。

米国は、GDPでは、世界の25%くらいなのに(参考サイト:世界経済のネタ帳さん)、株式の時価総額では、現在、50%を超える比率をキープしています。このアンバランスが、かつて植民地支配が無くなっていったように、世界を支配するグローバル企業のルールが変わり、遠い将来、是正されるかもしれない。

そんなことを考えたりしています。こういうの好きなのです。

投資を継続出来るかが大切

 「でも(ダメな国も含まれる)分散投資じゃ儲かんないじゃん」

というご意見が出てくるのは、至極まっとうです。

 「でも、それでいいんじゃないの?」

というのが、私の考え方。分散投資というのは、「儲ける投資」というより、「継続しやすい投資」。

仕事も投資も辞めるのは一瞬ですが、私の人生や投資は一生続きます。継続は力なり。米国株オンリーにせよ、世界分散にせよ、自分が継続しやすいかどうかが、一番大切なのかもしれませんね。

Sponsored Link

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« お金の寿命 2017 | トップページ | パッシブ型アーリーリタイア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お金の寿命 2017 | トップページ | パッシブ型アーリーリタイア »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.