« 毎月分配型の次はファンドラップ・・・・? | トップページ | アーリーリタイアは週末がお仕事 »

2017年6月24日 (土)

iDeCo(確定拠出年金)向けのロボアドバイザー

iDeCo(確定拠出年金)向けのロボアドバイザーというものが、出回り始めています。

Sponsored Link

ところで、iDeCo(確定拠出年金)向けのロボアドバイザーは、どういったことをアドバイスしてくれるとうれしいんでしょうか?

私が、うれしそうだな、と思う順番に書いてみます。

その1 積立額を助言する。

入り口での最初の悩みがここです。積立額は、ある程度収入がある人は、「上限まで」で良く、話題にもなりません。

しかし、そうではない人は、いろいろな諸条件から、適正な金額を決める必要があります。そもそも、ゼロ円、つまり、確定拠出年金をしない方が良いという人もいます。

その2 節税策を助言する。

シロートにとって、もっとも難しいのは、税金に関することです。とにかく複雑です。どうすると最適化されるのか?ここを、きちんと助言してくれるととてもうれしい。

その3 運用商品を助言する。

一般的には、ここに、助言がフォーカスされているような気がします。

でも、確定拠出年金って、インデックス一択。それも、先進国株式と日本株式だけで良いんじゃないでしょうか。

極論すれば、運用商品については、

 ほとんどアドバイス不要

ではないかと。

確定拠出年金の運用商品は、監督省庁は違いますが、「つみたてNISA」の規定がけっこうマッチするかもしれません。NISAより、DCの方が相性が良いような気すらします。

以上、3つほど,あげてみました。

ロボ・アドバイザーは運用商品を選ぶのが、今は、メインみたいですが、それ以外の方が、わからないことだらけかもしれません。そもそも、開設の仕方からして、めんどうだし。

Sponsored Link

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« 毎月分配型の次はファンドラップ・・・・? | トップページ | アーリーリタイアは週末がお仕事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 毎月分配型の次はファンドラップ・・・・? | トップページ | アーリーリタイアは週末がお仕事 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.