« アクティブファンドのライバル | トップページ | 大暴落1929を読み返してみた »

2017年6月 6日 (火)

相場が好調なときの恐怖指数を見て、リスク管理の重要性を考える 2017/6

当ブログでは、時々、恐怖指数(VIX指数)なるものを取り上げたりしています。投資初心者のみなさんで、知らない方は、ぜひ、参考知識として「そんなものがあるんだな」と知っておくと良いと思います。

Sponsored Link

恐怖指数とは?

恐怖指数(VIX指数)とは、S&P500のオプション取引のボラティリティ(変動幅)を元にシカゴ・オプション取引所が算出している指標で、数値が大きいほど、市場に不安、すなわち、投資家が恐怖を感じている、とされる指標です。

相場が悪くなると、突然、数値が急上昇すると言われています。最近では、リーマンショックで。ものすごく、大きくオーバーシュートしました。

平均は、20ぐらいです。

恐怖指数という名前が、面白いので、たまーに見ていますが、その恐怖指数が、最近

びっくりするくらい低い値

なのです。

恐怖指数が10.0を下回った月は、1990年来、11ヶ月だけ

米国yahooサイトで、恐怖指数を調べてみました。yahooのサイトのVIX指数のヒストリカルデータは、1990年からありますが、その間、指数が 10.0未満になった月は、たったの11ヶ月でした。

  • 1993/07 9.11
  • 1993/12 8.89
  • 1994/01 9.59
  • 2005/07 9.88
  • 2006/11 9.81
  • 2006/12 9.39
  • 2007/01 9.87
  • 2007/02 9.70
  • 2017/02 9.97
  • 2017/05 9.56
  • 2017/06 9.58

で、気になってしまうのが、そのときのS&P500との関係です。ということでグラフです。

201706061_2

  • 1993年12月の低水準から、ITバブル崩壊までは、約7年。
  • 2005年7月〜2007年2月の低水準からは、すぐにサブプライムショック、さらに、その1年後にリーマンショック。
  • 2017年6月から、次の暴落は??????
(私には)法則性は、見いだせません。

歴史は繰り返すけれど

今が、天下太平であることはわかりますが、暴落の時期まではわからないのです。

しかし、長い人生の中では、暴落の季節が何度か訪れています。天下太平が続けば、万々歳なのですが、そうは問屋が卸さなかったというのが、これまでの歴史です。

歴史が繰り返すかどうかは、定かではないと言えば定かではないのですが、もし、繰り返したのに反省していなかったら、少々、さみしい話です。

そして、これからのニッポンの普通の人に必要なのは、

 「歴史は繰り返す。だから、投資なんてしない方が良い」

という考え方ではありません。

 「歴史は繰り返す。だから、リスク管理をしながら、リスクを取ろう」

なのです。

Sponsored Link

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« アクティブファンドのライバル | トップページ | 大暴落1929を読み返してみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アクティブファンドのライバル | トップページ | 大暴落1929を読み返してみた »

 
 
Copyright © 2005 - 2018 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.