« 相場が好調なときの恐怖指数を見て、リスク管理の重要性を考える 2017/6 | トップページ | 年金を実感するためのひとつの方法 »

2017年6月 7日 (水)

大暴落1929を読み返してみた

最近、読み返している本がこれです。大暴落1929。

Sponsored Link

バブル録の古典

本書は、過去最大級のバブル崩壊、1929年の大恐慌について書かれています。

本のCopyrightによると、版を重ねて、1954年、1955年、1961年、1972年(ドルショック?)、1979年、1988年(ブラックマンデー?)、1997年(アジア通貨危機?)です。(( )内は、改版時期の私の想像)

私の手元にある日本語版もリーマンショック後の2008/9/29 第一版第一冊発行(中身は、1997年版)です。

株価が好調のときにこそ読む本

さて、この本、「バブル崩壊、株価暴落のあとに必ず読まれる、恐慌論の名著」と帯に書いてあります。

私も、リーマンショック後に読みました。

しかし、今、あらためて,読み直してみると、この本は、株価暴落の誰もが反省しているときではなく、なんだか好調感のある今こそ、読むべき本であるという気がしてきました。

古典と言われる本には、読み返すと、発見があります。(私がそう感じる理由の大部分は、読んでいる私の程度の低いオツムの具合によるものですが・・・)

例えば、大恐慌の話ではないですが、1997年版まえがきに、19世紀のアメリカで、植民地各州が北部南部を問わず、実物の裏付けのない紙幣を発行したことにふれつつ、「ほとんどコストのかからないこのやり方はうまくいった ー 紙幣は紙切れに過ぎないと誰かが気付くまでは。」なんて、さらっと、書いてあって、昨今の仮想通貨事情なんかが、ふと思い浮かんでしまったり、とか。

健全なのか?不健全なのか?それが問題

信用経済である以上、オカネは、ある意味、ほとんどが借金みたいなものです。不健全な借金が大きくなりすぎれば、暴落が起きます。しかし、健全な借金がなければ経済は成り立ちません。

経済は、健全なのか?不健全なのか?それが問題なのですが、専門家含めて、わかったためしはないのかも。

「ファンダメンタルズは健全である」と訳知り顔で語る方々が増えたときには注意したい、と思う今日この頃でした。

Sponsored Link

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« 相場が好調なときの恐怖指数を見て、リスク管理の重要性を考える 2017/6 | トップページ | 年金を実感するためのひとつの方法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 相場が好調なときの恐怖指数を見て、リスク管理の重要性を考える 2017/6 | トップページ | 年金を実感するためのひとつの方法 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.