« アーリーリタイアを決断したときのことを2年ぶりに思い出す | トップページ | 人生100年時代を生き延びる »

2017年5月16日 (火)

定年時に貯金がゼロでも大丈夫だけど・・・

定年時に、「将来は不安だ、○○○○万円は必要」とか「いやいや、貯金がなくても大丈夫」という議論があります。

Sponsored Link

定年時の貯金はゼロ円でも大丈夫。ただし・・・

定年時の貯金がゼロ円でも、

  • 退職金が残るか?(良く聞くのが、退職金で住宅ローンの残債処理してなくなっちゃうパターン)
  • 夫婦合わせた年金はいくらか?何歳からもらえるか?
  • 退職後、働くか?
  • 借金はないか?
  • 支出は質素か?

などなどの複合条件がうまいこと噛み合えば大丈夫です。

退職金があって、年金もそれなりにある場合なんかは、貯金ゼロでも大丈夫な人も多いはずです。

「定年時にいくら必要か?」という論点は、人によって、大きな違いがあるので、少々無理のある面があります。それでも、よく出てくるのは、往々にして、投資商品を販売するロジックとして使われるためです。

定年時に貯金がゼロだった場合の問題点

では、定年時に貯金がゼロだった人に問題点がないかというと、もちろんそうではありません。余裕がない、というのは当たり前として、それ以外で、私が思う最大の問題点は、

  • 貯金がゼロの人は、金融リテラシーが低い可能性がある
です。

たとえば、貯金ゼロであっても、銀行や証券会社にお勤めだった方、経営観を持ってお仕事をされていた方であれば、お金にまつわるリテラシーが仕事を通じて身についているので、その点、心配はありません(はずです)。

しかし、投資は「お金が減るもの」という呪縛にとらわれてきた人は、どうでしょうか。

そういう人が、冒頭の議論の延長線上で、リタイア間際になって「今からでも遅くない。お金持ちの人はいいけれど、私はお金がないんだから。」と、突然、「投資でお金を増やそう」という考え方へ、コペルニクスもびっくりな180度転換をしてしまうのは、いかにも、危険です。「自分は金儲けのことをよく知っている」と妙に自信のある人もあぶないのかもしれません。

そして、まんまと、孔明の罠に、はまるのです。

経済的自立をすることとなるリタイア後に金融リテラシーがあるのとないのとでは、大きな違いがあります。

だからこそ、資産形成世代が、それまでの間、地道に貯金体質と投資感覚を育むことには、大きな価値があるのですね。

すべてが、孔明の罠と疑って、何もしないのも、それ自体が罠である、という場合もあるわけですから。

Sponsored Link

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« アーリーリタイアを決断したときのことを2年ぶりに思い出す | トップページ | 人生100年時代を生き延びる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アーリーリタイアを決断したときのことを2年ぶりに思い出す | トップページ | 人生100年時代を生き延びる »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.