« 2017年5月23日 配当貴族指数連動のETFが登場 | トップページ | 金融教育は誰がするべきか? »

2017年5月12日 (金)

5月23日 JPX日経中小型株指数のETFも増えます

5月23日、前エントリーで取り上げた1494 に加えて、もう一本、新しいETFが投入されます。

Sponsored Link

すでに、下記のエントリーでも紹介した、MAXIS JPX 日経中小型株指数上場投信(1492)に続いて、JPX日経中小型株指数に連動するファンドが、登場します。

JPX日経中小型株指数とは

JPX 日経中小型株指数のデータは、日経プロフィルさんに公開されています。(日経中小型株指数の日次データ)日経プロフィルさんの説明を引用させていただきます。

JPX日経中小型株指数は、上場企業の多数を占めるいわゆる中小型株に分類される企業に対して、JPX日経400と同じコンセプトを適用し、持続的な企業価値の向上、株主を意識した企業経営を行っている企業で構成する株価指数です。

JPX 日経中小型株指数とひふみ投信を比べてみる。

中小型株といえば、ひふみ投信? ちょっと興味があったので、中小型株指数と比べてみます。(以前から、ひふみ投信は、TOPIXと比べるべきじゃないのでは?などと、もやもやっとしてたのでした。)

2016年8月〜の比較

まず、日次データで配当込み指数のあった、2016年8月〜の比較です。

201705111

  • 上昇局面では、ひふみ苦戦。
  • しかし、3月〜4月の下落局面で、ひふみ挽回。
さすがです。

2014年5月〜の比較

次に、同じく日次データで配当無しのデータがあった、2014年5月〜の比較です。

201705112

ひふみ強し!です。

  • 上昇局面では、中小型株指数とほぼ同じだが、2016年1月の下落局面で大きなアドバンテージ。
  • 得意のキャッシュポジション戦略が大きく功を奏した模様。

ひふみ投信に学ぶ

話のついでに、私なりに、ひふみ投信の特徴を読んでみると、以下の3点になります。

  • ひふみ投信は、中小型株の強さを享受してきたファンド。
  • 機動的なキャッシュポジションの切り換えが、見事、当たってきた。(初期のさわかみファンドにも共通するものがある。)
  • 資金流入が続いていることが、銘柄入れ替え、キャッシュポジションの機動的活用などを支えていると推定。

ひふみ投信さんの説明では、地道なボトムアップ戦略による銘柄発掘が大きな自慢のポイントとしてあげられてますが、上記のグラフからはそこはさすがに読めません。と言うか、中身を見たところで、そもそも、私ごときには分析できません。

こうして眺めてみると、ひょっとすると、ひふみ投信自身が、中小型株市場を牽引してきた可能性もありますね。ひふみ投信もファンドの規模が大きくなってきているので、藤野さんが、どういう投資をされるのかも楽しみです。

今後のひふみ投信の動向に期待です・・・・・・って、あれ? 話を中小型株指数に戻します。

中小型株指数は魅力的

実は、中小型株って視点って大事だよね、だけど、すかっとするソリューションがないよね。と個人的には、思っていましたら、ようやく、出てきました。(実は、1492を先月、ポートフォリオに組み込みました。今回、ご紹介した1493は、私としては、一歩遅かった・・・・。)

中小型株指数ETF+機動的キャッシュポジション戦略で、ひふみ投信に近づけるかもしれませんが、私は、普通のリバランス戦略に徹します。シロートですからね。

最近の東証ETF市場は、欠けていたジグソーパズルのピースが、少しずつ見つかって来たような感じで、うれしいです。

あらためて、アセットマネジメントONEならびに東証関係者のみなさまに謝意を表し、本エントリーは終わります。有益なETFのリリース、ありがとうございました!

Sponsored Link

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« 2017年5月23日 配当貴族指数連動のETFが登場 | トップページ | 金融教育は誰がするべきか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/65265100

この記事へのトラックバック一覧です: 5月23日 JPX日経中小型株指数のETFも増えます:

« 2017年5月23日 配当貴族指数連動のETFが登場 | トップページ | 金融教育は誰がするべきか? »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.