« 4資産か8資産か、と聞かれたら? | トップページ | 5月23日 JPX日経中小型株指数のETFも増えます »

2017年5月11日 (木)

2017年5月23日 配当貴族指数連動のETFが登場

ここ、10年、20年で様変わりしたなあと思うのが、日本株の配当です。そんな中、新たな高配当系のETF が、5月23日に登場します。

Sponsored Link

配当貴族指数に連動する初の東証ETF

高配当かつ増配という特徴をもつ「S&P/JPX 配当貴族指数」に連動したETFは、現在設定されていません。当ETFを提供することにより投資家の皆さまの選択肢を増やすことができると考えております。

高配当系のETFは既に、いろいろありますが、今回は、件の「S&P/JPX 配当貴族指数」に連動する初のETFです。

信託報酬は、税抜0.28%。

配当貴族指数に連動するファンドには、SMT 日本株配当貴族インデックス・オープンがありますが、こちらは、信託報酬、税抜0.42%ですので、それよりも、今回のETFは、お安くなっていますね。

ただし、ETFの場合は、市場要因で発生する基準価額の乖離、取引高等の要注意項目があり、単純にファンドとの比較はできませんので、注意が必要です。

分配金について

同じく東証さんの記事によると、指数の予想配当利回りは2.66%(2017年3月末時点)

今や、それほどすごいという水準には感じなくなってきましたが、ゼロ金利と比べれば、はるかに大きいです。

SMT 日本株配当貴族インデックス・オープンは、S&P/JPX 配当貴族指数(配当込み)に連動するファンドですから、これまでのところ、分配金を出してません。一方、新ETF 1494は、ETFですから、分配金が出ます(はずです)。

ここは、大きく違います。

それにしても、高配当ETF、増えました。

ETFの分配金は、複利という視点からは資産形成の敵です。

しかし、シニア層など配当を意識した投資家であれば、ETFの活用は有効であると私は考えていますし、私もそうしてます。(そうしつつあります。)

もちろん、信託報酬のかからない個別株の分散投資が一番ですが、これは管理が大変です。次点として、こういった高配当系のETFでポートフォリオを組む方法があるんですね。

個別株である以上、必然的に配当されるお金です。この点、毎月分配型のようなタコ足配当とは違います。(ご参考エントリー:毎月分配型投信を考えてみる 2017)

アセットマネジメントONEならびに東証関係者のみなさま、有益なETFのリリース、ありがとうございました!

Sponsored Link

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« 4資産か8資産か、と聞かれたら? | トップページ | 5月23日 JPX日経中小型株指数のETFも増えます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4資産か8資産か、と聞かれたら? | トップページ | 5月23日 JPX日経中小型株指数のETFも増えます »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.