« ミュージック・ライフ | トップページ | 株式投資に対するスタンスのいろいろ »

2017年4月16日 (日)

今年のNISA 2017/4

さて、積立NISAでひとしきり盛り上がりましたが、肝心なのは、自分がどうするかです。

Sponsored Link

今年のNISA 2017/4

今年は、NISA枠、まだ使ってません。

2月にリバランスしたこともあり、ドルコストもリタイア状態の私は、一服状態です。

最近、微妙にVIX指数(恐怖指数)が、上がってたりもしますが、「げっ!?」というほどの相場でも、まだないので、ほったらかしです。なお、「げっ!?」という状態は、VIX指数ではなく、リスク資産比率で判断することになっています。

今後のNISA

来年以降も、私は、積立NISAは使わず、現行NISAのままで行く予定です。

積立NISAを使わない理由は、高配当系のETFが、事実上、積立NISAの対象外であるためです。今後、私は、ザ・リタイア世代ということで、NISA枠を「高配当のETF」に重点的に当てていこうと考えています。

NISAの税制メリットは、大きく分けると、次の二つの場合です。

(1)キャピタルゲインが確定するとき、税金ゼロ。

(2)インカムゲインが発生するとき、税金ゼロ。

(1)は、一つの考え方として、リバランスの時に使えます。しかし、NISAって売っちゃうと、枠がチャラになります。そんなこともあって、(2)の作戦を主軸に据えちゃおうというわけです。

余談

積立NISA、うまいことやったなあ、と思う点が一つあります。対象ファンドは、資産形成に向いたファンドばかりで、もともと分配がない(少ない)んです。キャピタルゲインが発生して税メリットが出るのも、想定では、ずっと先になります(20年後?)。税制優遇制度ではあるけれど、当面、政府としては、「税収減の影響が、あまりない」とも想定されるんですよね。

iDeCoは、もともと非課税なので、こっちが先ですね→SBI証券のDCプラン楽天証券

Sponsored Link

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« ミュージック・ライフ | トップページ | 株式投資に対するスタンスのいろいろ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミュージック・ライフ | トップページ | 株式投資に対するスタンスのいろいろ »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.