« オリックス銀行の金利がアップ! 2017/4/17〜 | トップページ | セミリタイア生活に慣れてきたかな »

2017年4月20日 (木)

最近のアクティブ投信のコストと新ファンドが出たときの原則

新興国への投資意欲を失っていた私ですが、ちょっと、目を引く投信がありました。

Sponsored Link

おっ?と思ったのが、コストです。

がんばるiTrust

説明書によりますと、

  • ノーロード
  • 信託報酬 年0.567%(税抜0.525%)
  • 実質的な負担 最大年率 1.167% (税抜 1.125%)程度 (この値はあくまでも目安であり、ファンドの実際の投資信託証券の組入状況により変動します。)

新興国と言えば「2%、3%超は当たり前」の頃に比べれば、かなり低い水準です。しかも、実質コストについても、ちゃんと書かれています。これは、ちょっとした感動です。

<4/20追記>

ただし、ここでの実質的な負担は、FOF先の信託報酬だけで、「その他の費用・ 手数料」は、含まれていなさそうです。下記の原則で書いたとおり、最初の運用報告書を見てから判断した方が良いですね。

個人投資家のリテラシー向上の賜物

もちろん、ピクテさんの努力によるところも多いのですが、私は、個人投資家のリテラシーが向上が背景にあると受け止めています。日本の個人投資家が勉強しているおかげで、もはや、だまし通せなくなってきた、のです。

てなわけで、ローコストを愛するみなさん。今後も安売り広告探しと同じ気合いで、ファンドを見張って行きましょう。時を経れば、市場原理に則り、必ずや商品に反映されるのです。

新ファンドが出たときの基本原則(初心者向け)

当ブログは、初心者の方もたくさんお読みだと思いますので、合わせて、新ファンドが出たときの基本原則も確認しておきます。

  • 新商品は、最初の運用報告書が出るまで待つのがセオリー。
  • 運用報告書では、特に、コストの実績、ベンチマークとの乖離、運用方針とポートフォリオの一致を見る。
  • 純資産額が継続的に増えているかを確認する。
  • ネット等で調べても、運用報告書の意味がわからなかったら買わない。

ほんとうは、投資の世界に、初心者という言葉はありません。

しっかり、自分の目で見てみましょう。

ピクテさんの新ファンドについて

以上、ピクテさんの新ファンドにかこつけて、基本的なことを書いてみました。さて、本ファンドの投資対象ですが、 ちょっと変わってます。労働人口が増えている国に投資するファンドです。

 インド ブラジル 南アフリカ インドネシア マレーシア メキシコ フィリピン

があげられています。

中国、韓国、ロシアはありません(推定)。

なかなか、面白い着眼点です。ですが、ベンチマークはありません。どこかで指数を作ればいいのにねー。

しかし、愛称が「働き盛り」・・・仙人生活を送る私にとっては、過ぎ去った美しい青春の日々を見るようです。夢があって実にいい。投資とは、夢の具現化でもあります。

iDeCoもう始めましたか?→SBI証券のDCプラン楽天証券

Sponsored Link

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« オリックス銀行の金利がアップ! 2017/4/17〜 | トップページ | セミリタイア生活に慣れてきたかな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オリックス銀行の金利がアップ! 2017/4/17〜 | トップページ | セミリタイア生活に慣れてきたかな »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.