« ETFの流動性に注意しましょう、という話 | トップページ | シニアに向いたファンドって意外とない。 »

2017年4月 7日 (金)

ETFとファンドの使い分けについて最近考えていること

ETFは、分配金が出ます。

これが、資産形成上は、悩みのタネでもあったわけですが、セミリタイア生活に入るとこれはこれでいいんじゃないか、というスタンスとなりました。

Sponsored Link

分配する資産としない資産

私の資産は、以下の二つに分かれます。

(1)分配しないファンド

(2)分配するファンド

(1)は、インデックスファンド。最近のインデックスファンドは、配当込みだったり、そうじゃなくてもほとんど分配しないのが普通です。

(2)は、ETFやウェルズリーインカムファンド。ファンドの方は、信託報酬が少々お高めで、せっかくの高配当ファンドの魅力が削られてしまいがちですが。

資産形成期であれば、税金を払いたくない一心で、いや、税の繰り延べ効果を期待して、(1)を主力として選ぶのがセオリーでした。

今後は配当重視型にしたい

しかし、今や、セミリタイアし、いわば、資産活用期です。というわけで、どうやって、配当重視型にポートフォリオを移行していくかが、課題です。

分配金というのは、税金がかかってしまい、譲渡益課税と配当課税が、同じ20%というのは、なんだか割に合わないようにも思えますが、配当の場合、配当控除(総合課税)があります。

所得が少ないものにとっては、けっこううれしい制度。

また、「配当し続ける企業こそ生き残る企業である」「株式の価値は、配当と利益の成長率(自社株買いが増えてそうとも言えない感じもしますが(^^;))」という信念も個人的にはあります。

最初から高配当のファンドにしておけば・・・いや、それでは、資産形成期の税の繰り延べ効果が・・・悩ましくも楽しい最近の私の悩みでした。

注)ここでいう分配は、毎月分配ファンドのような、いわゆるタコ足型の分配ではなく、もともと、企業が配当している部分のことですので、ご注意くださいませ。

そういえば、iDeCo →SBI証券のDCプラン楽天証券

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« ETFの流動性に注意しましょう、という話 | トップページ | シニアに向いたファンドって意外とない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ETFの流動性に注意しましょう、という話 | トップページ | シニアに向いたファンドって意外とない。 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.