« アーリーリタイヤ後の自分の説明 | トップページ | フィデリティ証券さんの新ファンド検索でうれしくなるの巻 »

2017年3月27日 (月)

運用は、あんまりお任せしない方がいいんじゃないかなー、という話。

モーニングスターさんです。

ファンドラップ拡大中

なんと、2014年くらいから、ラップは、増殖中なのです。

201701182

まじ?だいじょうぶなの?

コストを見てみると?

ってことでコストです。

モーニングスターさんの記事には、コスト比較の表があります。この表、作るの大変だったんだろうなあ。お疲れさまでした。

サービス名投資顧問報酬
取引等管理手数料など
(税込)
信託報酬(税込)
アイザワファンドラップ 年率最大1.620% 年率最大1.728%
ドリーム・コレクション 年率最大1.9872% 年率最大2.6352%
日興ファンドラップ(日興ファンドラップ一任型) 年率1.296% 年率最大2.685%程度
ダイワファンドラップ 年率1.512% 年率0.77~1.41%
東海東京ファンドラップ 年率1.62000% 年率最大1.506%程度
野村ファンドラップ(バリュー・プログラム) 年率最大1.7064% 年率最大1.35%±0.70%
みずほファンドラップ(ファーストステップ) 年率最大1.620% 年率最大1.0476%
みずほファンドラップ(マイ・ゴール) 年率最大1.620% 年率最大0.7128%
SMBCファンドラップ 年率最大1.512% 明示せず
三井住友信託ファンドラップ 年率1.512% 年率最大0.918%
三菱UFJ信託ファンドラップ 年率1.512% 年率最大2.20%
水戸ファンドラップ 年率2.160% 年率最大2.0304%
りそなファンドラップ(スダンダードコース) 年率最大1.2960% 年率0.27~0.648%
りそなファンドラップ(プレミアムコース) 同上 年率0.324~1.6345%

一任勘定の顧問料金(税込)が、年1.296%〜2.160% さらに、信託報酬(税込)が、年0.27〜2.6352%もかかります。

すごいですよねー。

さて、最後に質問です。

拡大するファンドラップ、コスト面で優位に立ったのは?

 なかった。

現場からは以上です。

 

 

 

・・・で終わるのはあんまりなので

ファンドラップを活用したいと思う人は、勝手な推測ですが、

(1)今まで、資産運用をしたことがなく、資産運用のことがよくわからない。
(2)コストは納得している。一任ついでに、銀行に「どや顔」してみたい。

の2つの層が考えられます。(独自の想定です)

(2)の方に、申し上げることはありません。(1)の方には、「最近は、ローコストのバランスファンドがあるので、ぜひ、一度検討してみてはどうでしょうか?」とだけ申し上げておきます。たとえば、

これ1本でも、いいんじゃないの?と評されることの多いファンドです。

運用の成否は、誰も責任を取ってくれない。

とても大事なことがあります。それは、リスク資産の運用とは、

 どこまで行っても自己責任

であるということ。

上記でご紹介したバランスファンドを選ぶことが、自己責任だと言うことはわかると思うのですが、たとえファンドラップでお任せしたとしても、自己責任であることは、全く変わりません。

金融機関は、リターンがマイナスの時とか、設定されていればベンチマークに比べてパフォーマンスが下回った時などに、説明はしてくれます。しかし、責任は取ってくれません。そして、リターンがマイナスの場合もコストだけは確実にもらっていくのです。

運用に限らず、人生、どういう道を選ぶかは、もちろん、自由。自由とは自己責任。ちっとも優しくないのです。

私の妻もコツコツ投資中。セゾン投信さんの口座開設はこちら→セゾン投信
iDeCoもう始めましたか?→SBI証券のDCプラン楽天証券

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« アーリーリタイヤ後の自分の説明 | トップページ | フィデリティ証券さんの新ファンド検索でうれしくなるの巻 »

コメント

こうして並べてみると、コモンズ30よりは安いけど、信託報酬高すぎ。

これに、投資信託の信託報酬が上乗せされてくるわけでしょう?

それでさらに実質コストが乗っかってくると。

信託報酬だけならば、アクティブファンドのひふみ投信とか、鎌倉投信の結い2101買うだけの方が安いです。

IMF発表の、世界規模の中長期的な経済成長は年3%〜4%くらいだそうですから、ファンドラップなんか利用したら、性悪女に貢いでる方が幸せな気分を味わえそうな気がします。

退職金、ドカンと全額いっちゃうんだろうなぁ。利用する人は。アーメン。

投稿: いっさん | 2017年3月28日 (火) 23時12分

いっさん様

 こんにちは〜。コメントありがとうございます。

>こうして並べてみると、コモンズ30よりは安いけど、信託報酬高すぎ。
>これに、投資信託の信託報酬が上乗せされてくるわけでしょう?

 顧問料(表の2列目) + 選んだファンドの信託報酬(表の3列目)

 です。

 それにしても、高いですよね。ちーんって感じです。

 また、コメントしてくださいね〜。

投稿: NightWalker | 2017年3月28日 (火) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アーリーリタイヤ後の自分の説明 | トップページ | フィデリティ証券さんの新ファンド検索でうれしくなるの巻 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.