« 実力のある人を探し出すのは難しい | トップページ | 3号被保険者になるの巻 »

2017年3月 9日 (木)

もしも、生まれた日に1000ドル投資していたら

竹川美奈子さんのツイートでBirthday Calculatorというサイトがあるのを知りました。

たとえば、半世紀の昔、50年前、1967/3/8に1000ドル投資すると、

VALUE OF $1000 INVESTMENT TODAY

= $134,132.29

になります。

単純計算では、134倍です。

為替の影響もあります。

当時は、1ドル360円だったはずですから、1000ドル36万円が、1ドル113円換算で、約1,516万円になった勘定です。この計算だと42倍。

さらにはインフレの影響もあります。

50年前の1967年、学卒の初任給は、だいぶ前に調べたとき、26,200円でした。当時の36万円は、当時の日本人にとって月給約14ヶ月分。

今の初任給を20万円とするなら、1,516万円は、76ヶ月分ですから、50年前の約5〜6倍に相当することになります。

50年に思いをはせるに

  • インフレの影響を考えると一括で投資するにはそれなりの金額が必要。
  • 孫に祖父母が贈与するというかたちであっても、タイムカプセルにしてわからないようにでもしない限り、人生の節目で使ってしまうかもしれない。
  • 米国は強かった。

長期投資の旅はガマンの旅であります。

それにしても、ただ、ほったらかすだけでも大きな成長です。

以上、

 インフレも複利もおそるべし

というお話しでした。

iDeCoもう始めましたか?→SBI証券のDCプラン楽天証券

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 実力のある人を探し出すのは難しい | トップページ | 3号被保険者になるの巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 実力のある人を探し出すのは難しい | トップページ | 3号被保険者になるの巻 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.