« 続・妻のほったらかし投資 | トップページ | インデックスファンドのローコスト競争は終了しなさそうな模様! »

2017年2月 8日 (水)

SBI証券のロボアドバイザー

私のメイン証券、SBI証券さんもロボアドバイザーを始めています。

リバランス機能はいいですよね。気になる手数料です。わかりにくいのですが、どうやら、

  • 預かり資産の評価額に対し1%(年率、消費税別)

のようです。

・・・・・・・・・・・

 投資知識はなくてもコスト知識はなくちゃだめ。

そんなことをあらためて感じてしまった次第です。

コスト知識のない人は、絶対に投資を始めてはいけません。あぶないです。

実にラップな感じのサービスでした。1%は論外でしょう。

SBI証券はあくまで仲介なんですよね。やはり、自前で、日本人のコツコツ感覚に適したシステムを簡単でもいいので構築すべきではないでしょうか。

欲しいのは、無償で使える自動リバランス機能だけです。

というわけで、当面は、

  • アセットアロケーション設計は、いまや、いろいろな無料占いサイト(失礼)があるので、それを使う。しかし、あくまで参考。
  • 松井証券の投信工房のような無償のリバランス機能か、昔ながらの手動リバランスをする。

というのが庶民投資家の選ぶ道と考えます。

それにしても、ロボアドバイザー増えましたねー。

いろんな質問に答えておくと、複数の無料診断サイトの結果を自動的にババッと求めてくれる、まとめサイトを作ったら、ウケルかもしれません。(もう、あるのかな?)

もう始めましたか?iDeCoもネット証券で→SBI証券のDCプラン楽天証券

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 続・妻のほったらかし投資 | トップページ | インデックスファンドのローコスト競争は終了しなさそうな模様! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 続・妻のほったらかし投資 | トップページ | インデックスファンドのローコスト競争は終了しなさそうな模様! »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.