« 今年の確定申告は去年より少しだけ時間が余分にかかリました。 | トップページ | JPモルガン・アセット・マネジメント 57資産の期待リターン長期予想を発表 »

2017年2月21日 (火)

アーリーリタイヤも「なっとく」の家計学

本のご紹介です。シニアのなっとく家計学。梅本正樹さんの一冊。

オススメです。

  • 非常に読みやすい。
  • しかし、細かいことまで網羅されている。

非常に参考になります。オススメできます。

シニア剰余金が大事

この本の主張は、ずばり、下の図。

Aaa

シニア剰余金がゼロ円にならなければOK。

というものです。

収入と支出は、90歳まで(≅死ぬまで)の総和で、収入には当然、年金など含まれます。この収入についても、本書では、給与収入から始まって、考えられるほとんどのパターンをきっちり書いてあります。

1億円ないとばかりに不安をあおり、返すカタナで投資信託、というような論調のお話を良く聞きますが、この本は、その前提に対して、すかっと割り切っています。大いに共感です。

シニアリスクに対する考え方

もちろん、シニアリスク(年金減額、病気、介護等々)というのが、存在し、その額は、ざくっと見積もって最大5000万円。しかし、そんなには用意できないので、その分はシニア剰余金を0〜5000万円のできる範囲で積み上げれば良い、としています。

最悪の事態を気に病んでばかりいては、かえって病気になってしまいます。

とのことです。この辺の感覚も私としては「なっとく」です。

アーリーリタイヤした私にも使える

この本、アーリーリタイヤを積極的にすすめていません。働いた方がシニア剰余金(余裕)が増えるわけですから当たり前です。

また、普通の人がアーリーリタイヤする人生というのは、おそらく、私の世代くらい、つまり私自身が、普通の人がアーリーリタイヤするという生き方の「アーリーアダプタ」なので、そういう意味でもあたりまえ。

しかし、この剰余金という考え方は、アーリーリタイヤにも共通の考え方です。

仮に、シニア剰余金ゼロで死ぬのが、もっとも合理的であるとするなら、そうなるように「余分な分は働かず、好きなことをする」という生き方も合理的なはずです。(そううまくはいかない不確実性は存在するので、そこは、智恵と度胸で乗り切る覚悟はするにしても)

ちなみに、私の場合は、シニア剰余金に相当するところが、運用資産です。

ひとそれぞれ

人によっては、収入ゼロ、負債ゼロ、というようなバランスシートの方もいると思います。ひとそれぞれです。

「シニア剰余金」という表現、たいへん気に入りました。これをいかに最適化するかが、智恵の絞りどころですし、人生観でもあるのですね。

iDeCoもう始めましたか?→SBI証券のDCプラン楽天証券

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 今年の確定申告は去年より少しだけ時間が余分にかかリました。 | トップページ | JPモルガン・アセット・マネジメント 57資産の期待リターン長期予想を発表 »

コメント

残りの人生計画を考えるとき、いきづまるのは、いつも介護問題です。
ここで考えるのをやめることにしていますが、ざっと5000万円必要ですか。納得です。
考えを中止するのがやはり正解かな(笑い)

しかし、私にとってシニア余剰金は「シニア予備費」これを運用資産にし、最適化するのは「一生カウチポテト説」ですね。
 いつも楽しく、そして色々と教えていただきありがとうございます。
今後ともブログ楽しみにしています。

投稿: 非不惑ジイサン | 2017年2月22日 (水) 07時56分

非不惑ジイサン様
 コメントありがとうございます。
 シニア余剰金は、あんまり、いっぱいあっても、死ぬまでに使い切らないリスクの方が高い気がします。

投稿: NightWalker | 2017年2月23日 (木) 02時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/64919452

この記事へのトラックバック一覧です: アーリーリタイヤも「なっとく」の家計学:

« 今年の確定申告は去年より少しだけ時間が余分にかかリました。 | トップページ | JPモルガン・アセット・マネジメント 57資産の期待リターン長期予想を発表 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.