« リスクコントロールをちょっと整理してみる。 | トップページ | 我々は投資家なのか? »

2017年2月 5日 (日)

アーリーリタイヤしたあと、働くか働かないかという選択

アーリーリタイヤしたあと、働くか働かないかという選択があります。

 

私は、アーリーリタイヤ後、いったん働いて辞めました。その経験を踏まえて申し上げたいのは、働くにせよ働かないにせよ

 経済的には働かなくてもたぶん大丈夫

という状態でアーリーリタイヤするべきです。

アラフィフ、特にオーバー50になると仕事は限られてきます。表向きの求人倍率の向上に惑わされてはいけません。

また、長年勤めた会社をいったん辞めようというマインドなわけです。そういう状態に見合う仕事がそうそうあるはずもありません。仕事の大変さは、どこもいっしょです。

私が再就職したのは、たまたま、1社受けて1社合格。給料は最低水準。ただ、単なる自由人になる前に、違う世界も見ておこうという気持ちでしたが、これはこれで考えてできることでもありません。たまたま、です。

経済的に働かなくてもいい状態の実現は?

要は一生分の生活費が必要なわけですが、次のふたつのパターンがあります。

(1)完全に蓄財しきる。年金すら当てにしない。

(2)年金はもとより、いろいろな資金源の合わせ技で対処する。

私は、(2)ですが、パーフェクトなプランというのはおそらく存在しません。最後は、「覚悟」なんだと思います。

 

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« リスクコントロールをちょっと整理してみる。 | トップページ | 我々は投資家なのか? »

コメント

リタイヤ後の生活で「リタイヤ時に働かなくても多分大丈夫?と思う」貯蓄をしていても、だんだんとそれが目減りしていく資金マイナス生活は、想像していたよりも心に逼迫感をおこすものです。
リタイヤ後8年目の実感です(私だけの実感かもしれませんが)参考までに・・

投稿: 非不惑ジイサン | 2017年2月 5日 (日) 11時13分

非不惑ジイサン様
 コメントありがとうございます。
 おっしゃること、よく判ります。私が「覚悟」と書いたのはその辺の感覚ですかね。
 わずかでも収入源を確保しておけるとよいのですが、そのわずかは簡単だろうと思って厳しい資金計画でアーリーリタイヤを決断すると大変ですよ、ということで本エントリーを書いてみました。

投稿: NightWalker | 2017年2月 5日 (日) 13時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リスクコントロールをちょっと整理してみる。 | トップページ | 我々は投資家なのか? »

 
 
Copyright © 2005 - 2018 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.