« 10年前の別冊宝島を読み返してみてわかった変わらなかったこと | トップページ | 保有ファンドの持続性の問題についてちょっと考える。 »

2017年2月16日 (木)

DC商品選択3原則

確定拠出年金を始める人で投資をほとんど知らない人(勉強そのものをする気がない人含む)は、たくさんいらっしゃいます。こういった方々は、いきなり自己責任といわれても恐怖にうちひしがれちゃいますよね。どうしましょう。

ということで、DC向け商品選択の簡単ガイドラインを作ってみることにしました。ただし、これは、あくまでも、私が、

 自分の息子に向けた極めて私的なガイドライン

とお考え下さい。かなり、ものすごく、思いっきり割り切っていますので。

DC商品選択3原則

その1 インデックスファンドを選択すべし

  • GPIFだってインデックスです。

その2 信託報酬率が極力低い商品を選ぶべし。

  • 目安:信託報酬率0.3%以下の商品から選びましょう。

その3 商品は多くても4つと心得るべし

  • 1本なら、先進国株式
  • 2本なら、日本株式+先進国株式
  • 4本なら、日本株式+先進国株式+日本債券+外国債券

あれこれ買う必要はありません。投資比率は、等分でOKです。それ以外は、DC以外のNISAや普通の特定口座で買うもんだ、と割り切りましょう。

以上です。いかがでしょうか。

問題は、上記の選択をしたくても、ちょうどいいファンドがないDCプランに加入している場合です。これは、この3原則では、割り切れません。最悪、元本確保型商品しか選べないケースもあるかもしれませんね。

また、この3原則。DCに限らず、投資一般に通ずるルールかも。

繰り返しになりますが、あくまで、極めて私的なガイドラインとなっておりますので、ご注意下さい。やっぱり、最後は、自分で勉強する以外にはないのです。

iDeCoもう始めましたか?→SBI証券のDCプラン楽天証券

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 10年前の別冊宝島を読み返してみてわかった変わらなかったこと | トップページ | 保有ファンドの持続性の問題についてちょっと考える。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10年前の別冊宝島を読み返してみてわかった変わらなかったこと | トップページ | 保有ファンドの持続性の問題についてちょっと考える。 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.