« 私の資産構造 | トップページ | VTの経費率またまた下がる 2017/2 »

2017年2月27日 (月)

ウエルズリーインカムファンド 2017/2

去年、やり忘れてました。「ウエルズリーインカムファンド」とS&Pの比較。前回はこちら

Vanguard Wellesley Income Inv (VWINX) とVanguard 500 Index Investor (VFINX)との比較です。(期間は1980〜2017/2)

20170227

ドルベース Ajust Close値(分配金を非課税で再投資したとして調整した値)の比較 となっております。

米国株の絶好調を受けて、最近は、S&Pがウェルズリーインカムファンドをオーバーパフォーム しています。

それにしても、6割が債券のウェルズリーインカムファンドが、長期では株式100%とんとんのパフォーマンス。米国の金融市場は強いなあ。

ウェルズリーインカムファンドは、日本で買うことのできる数少ないバンガードの投資信託のひとつで、マネックス証券で買うことができます。

  • 米ドル建の外国籍投資信託。
  • 全体の資産のうち60%から65%を債券(高格付の中長期債)に、残りは配当のある株式に投資。
  • 設定は1970年の長寿ファンド。

うれしいニュースもあります。

2017年1月27日付で、エクスペンスレシオが、0.23% →  0.22%に引き下げられています。

しかし、マネックス証券で買う場合、本国ではかからない管理手数料0.6%(税抜)をマネックス証券に支払う必要があります。それでも、年間コスト1%を下回るアクティブファンドであるとも言えます。

このファンドを、しつこく保有して、ブログでフォローしているのは、もはや、私だけではないかと言う気がしてなりませんが(笑)、これからもフォローしていきますよ〜。

iDeCoもう始めましたか?→SBI証券のDCプラン楽天証券

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 私の資産構造 | トップページ | VTの経費率またまた下がる 2017/2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私の資産構造 | トップページ | VTの経費率またまた下がる 2017/2 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.