« 最近のオススメの証券会社事情 2017 | トップページ | コストとリスクがどのように資産をむしばんでいくかを見る。 »

2017年1月18日 (水)

国民の資産比率と自分のポートフォリオを比べてみると・・。

時々、見ているのですが、日銀の資金循環統計で、家計資産の状況が判ります。最近の日本の個人資産の事情ってどうなんでしょう。

家計の金融資産構成

資金循環統計(速報)(2016年第3四半期)で見てみると下表のような構成です。

項目資産負債
現金・預金 9,160,079  
借入 0 3,193,274
債券 263,262  
株式 1,499,457  
投資信託 877,753  
保険・年金 5,214,026  
その他 503,199 653,802
金融資産・負債差額   13,670,700
合計 17,517,776 17,517,776

単位:億円 2016年9月末

  • 日本の個人の金融資産は1752兆円ある。負債を差し引いても1367兆円。
  • リスク資産(債券+株式+投資信託)の比率は約15.1%。

金融資産と日本人のリスク選好の推移

201701182

金融資産はどんどん増えていますが。、肝心のリスク資産(債券+株式+投資信託)選好の推移はどうかというと、、、

201701182_3

うーん、小泉さんのころ、いったん増えかけたんですけどね。その後、リーマンショックでこけ、相変わらず、だめですね。

私のポートフォリオと比べてみる

「リスク資産比率が抑えめ過ぎでは?」と揶揄されることすらあるカウチポテトポートフォリオ(=リスク資産半分)でさえ、これに比べるとハイリスクに見えます。

日・米・ユーロの比較

海外と比べてみるとどうでしょうか?

資金循環の日米欧比較によると、以下の通りです。(クリックすると大きくなります)

20170118

日米は、2016年9月末、ユーロ圏は2016年6月末

日本は、やっぱり、リスク資産比率が低いなあ・・・・・いやいやいや、

 日本は「伸びしろ」がたくさんある国

そう考えましょう。カギは、iDeCoなどが牽引しての世代交代ですね。

コストで選ぶならiDeCoもネット証券!→SBI証券のDCプラン楽天証券

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« 最近のオススメの証券会社事情 2017 | トップページ | コストとリスクがどのように資産をむしばんでいくかを見る。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/64775426

この記事へのトラックバック一覧です: 国民の資産比率と自分のポートフォリオを比べてみると・・。:

« 最近のオススメの証券会社事情 2017 | トップページ | コストとリスクがどのように資産をむしばんでいくかを見る。 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.