« 2017年の世界経済はどうなるのか?竹中平蔵さんの講演を聴く | トップページ | 為替ヘッジについての5つの整理  2017 »

2017年1月10日 (火)

稲妻がきらめくとき 2017

名著 敗者のゲームに「稲妻がきらめくときを逃してはならない」というお話しが出てきます。

株価には、大きく上昇するときがあり、そのときを逃すと長期リターンに大きく影響を与えるので、いつでも、身構えておかなければならない。それがいつかはわからないので、バイアンドホールドするしかない。という教えです。

しかし、どうしても気になってしまうのが、いつがきらめくときなのか?ということです。

「きらめくときは今だ」と言うことで、昨年末のトランプ相場で利益確定に走った人も多いようです。

しかし、バイアンドホールダーの目線で見るとこのような行動は、

 今、売ってどうする。

とも見えます。

きらめくときは過ぎてしまったのかもしれませんが、過ぎていないかもしれません。うーん、わからない。

「きらめくとき」とは、後になって、「あのときは、きらめいていたなあ」というような、いわば青春の輝き。後になって判れば良いのです。

個別株であれば、今、割安の株があるのかもしれませんが、インデックスファンドの場合、全部、売っちゃうと、一から出直しです。

やはり、バイアンドホールドを旨とする長期投資家には、全部は売らないリバランスしかないのですね。

このことをあらためて肝に銘じ、いつでも初心に返る。そんな 2017年新春でした。

コストで選ぶならiDeCoもネット証券!→SBI証券のDCプラン楽天証券

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 2017年の世界経済はどうなるのか?竹中平蔵さんの講演を聴く | トップページ | 為替ヘッジについての5つの整理  2017 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2017年の世界経済はどうなるのか?竹中平蔵さんの講演を聴く | トップページ | 為替ヘッジについての5つの整理  2017 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.