« 年初にあたり長期投資の長さを思い出してみる。 | トップページ | 日本株の比率について考える 2017 »

2017年1月 4日 (水)

投資成績を見ていてちょっと気になること

最近、ブログなどで投資成績の報告を見ていて、ちょっと気になる場合があります。

それは、

  • 絶対金額でいくらの収益が出ましたという報告に終始しているケース

です。商品ごとに損益額を書くような整理の仕方ですね。

もちろん、短期投資型あるいは配当重視型で、投資成績=事業決算という性質の投資家であれば、全く問題はありませんし、むしろ、重要な職務です。

しかし、リタイヤのための資産運用が主目的の方は、ぜひ、

 リスク資産の比率の変化

に着眼して欲しいと思います。

たとえば、私の場合、

2015年末

20151231

2016年末

20161231

という変化になっています。

2016年は、ノーセルリバランスを視野に、外国株式クラスと日本債券クラスばかり積み上げたため、日本株式の比率は相対的に減り、外国株式クラスの比率は上昇。日本債券クラスとその他は、なんとかキープという結果でした。

しかし、全体のリスク資産の比率としては、目標の50%に対しては高めではあるもののほぼ昨年末と同様の比率となりました。(正確には1.2ポイント、リスク資産が増えている)

私のポートフォリオは、今時点では、昨年末とほぼ同等のリスク水準なのです。

もし、中長期のバイアンドホールド型投資をお考えであれば、

 絶対金額ではなくリスク資産比率の変化をチェックの主体にする

ことをオススメしておきます。

コストで選ぶならiDeCoもネット証券!→SBI証券のDCプラン楽天証券

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 年初にあたり長期投資の長さを思い出してみる。 | トップページ | 日本株の比率について考える 2017 »

コメント

昨年はイギリスのEU離脱、トランプ次期大統領の決定と激動の一年でした。
今年はどうなるでしょうかね。
応援しておきました。ポチッ

投稿: 矢田@医療職兼業トレーダー | 2017年1月 5日 (木) 21時47分

矢田@医療職兼業トレーダー様
 ポチッありがとうございました。

投稿: NightWalker | 2017年1月 5日 (木) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年初にあたり長期投資の長さを思い出してみる。 | トップページ | 日本株の比率について考える 2017 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.