« トランプ大統領 誕生 | トップページ | 日本株をバイアンドホールドするための心得を考えてみる。 »

2017年1月23日 (月)

日本のアクティブファンドに対する二つの願い

私は、日本株については、日経225とTOPIXと高配当系のスマートベータしか買っていないのですが、アクティブファンドそのものを否定しているわけではありません。

個人的に残念に感じているファンドも多いですが、アクティブファンドには発展していって欲しい。

そんなアクティブファンドに対して、大きく二つの願いがあります。

その1 強力なファンドマネージャーが戦いを繰り広げて欲しい。

FOY2016でも特別賞を受賞した「ひふみ投信」は、大変人気があります。パフォーマンスも良い。これは、ファンドマネージャーの藤野さんの力量によるところが大きいというのは、多くの人が認めるところです。

私としては、藤野さんと戦える、優秀なファンドマネージャーが何人も現れて欲しい。

マネー誌でも、ファンドの比較ではなく、ファンドマネージャーの対決を見てみたい。

そうやって、真の株主価値を見抜ける投資家が増えるとするなら、企業も当然、切磋琢磨し、日本のマーケットも効率化して行くに違いないからです。

その2 コストがぐんと下がって欲しい。

アクティブ投信はコストが高いというのが、常識となっていますが、コストの低いアクティブファンドはできるはずです。たとえば、私の保有しているウェルズリーインカムファンドのエクスペンスレシオは、0.23%(マネックスの取り分は除く)。ここまでは行かないにしても、信託報酬 年0.5%くらいの水準になって欲しい。

そうやって、コストが下がれば、これまで、アクティブ投資を避けていた人も集まってくるでしょう。

今の日本株式のインデックス投資はフリーライダーではないかもしれない

アクティブ投資の活性化なくして、インデックス投資も存在し得ません。

今の日本の市場が非効率であるとするなら、インデックス投資家は決してフリーライダーとは言えません。市場が活性化して、日本株のインデックス投資家が、確信を持ってフリーライダーの汚名を浴びてしまう状態の方が、市場としては健全のはずなのです。

コストで選ぶならiDeCoもネット証券!→SBI証券のDCプラン楽天証券

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« トランプ大統領 誕生 | トップページ | 日本株をバイアンドホールドするための心得を考えてみる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トランプ大統領 誕生 | トップページ | 日本株をバイアンドホールドするための心得を考えてみる。 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.