« ふたつのフィデューシャリー・デューティー | トップページ | 「アーリーリタイヤしたのは、これが理由だったのかな」と後になって思ったこと »

2017年1月26日 (木)

最近、相場を見ながら気が付いたこと

長期投資家、インデックス投資家のコンセンサスとして、「日々の相場に一喜一憂すべきではない」というのがあります。その有効な実現手段として「日々の相場を見ない」というストイックな心構えがあります。

しかし、最近、

 日々の相場は見ても良い

と思うようになりました。実際、いつも見てきましたしね。

理由その1 相場を知らないと世間話ができない。

やはり、サラリーマンたるもの、世の経済情勢というものを押さえておかなければなりません。識者がどう考えているかなどの情報をビジネストークの中で使うシーンは多々あります。

理由その2 相場は楽しい。

バイアンドホールド歴も長くなってくると、多少の変動では、不思議と一喜一憂しないようになります。私の場合、

 一喜一喜

みたいな気持ちになってるんですよねー。

  • 相場が上がると→「よしよし、そうこなくっちゃ」
  • 相場が下がると→「面白くなって来やがったぜ!」

上がったときにうれしいのは解説不要として、下がったときなんで面白いのか。

安く買えそうだからと言うのも当然あります。しかし、最近は、それよりも、ホントに面白いと思うようになっている自分がいます。仙人になったから?

市場は、なんらかの材料を織り込んで株価を下げたりするのですが、その思惑がはずれちゃうことを想像してしまうのです。仙人オトナになるとあまのじゃく(笑)

みなさまご存じの通り、相場って、どっちに転んでも後付けで説明できちゃうんですよね。

長期投資家として、「雨が降ったら次は晴れ」「冬来たりなば春遠からじ」的な考え方が背景にあるせいなのかもしれません。

コストで選ぶならiDeCoもネット証券!→SBI証券のDCプラン楽天証券

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« ふたつのフィデューシャリー・デューティー | トップページ | 「アーリーリタイヤしたのは、これが理由だったのかな」と後になって思ったこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ふたつのフィデューシャリー・デューティー | トップページ | 「アーリーリタイヤしたのは、これが理由だったのかな」と後になって思ったこと »